FC2ブログ

スヌーピー・ラッピング阪急電車

PEANUTS MEET HANKYU


土曜日、所用を終えて梅田から阪急電車に乗った。
あれ、いつもと違うぞ。
ラッキー!
スヌーピー(ピーナッツ)のラッピング車両だ。

中吊り広告も皆、ピーナッツファミリーのキャラクターだ。

【阪急神戸線の某駅】
PEANUTHK01
決して、運航いや運行の妨げにならないように。
ストロボ、フラッシュ、スマートライトなどはご法度だ。
肖像権を侵害しないように。

【ドアの横に書かれた帽子をかぶったスヌーピー】
PEANUTHK02

そこで、スマフォで 阪急電車 スヌーピー ラッピングでググってみる(検索する)。

10月1日から開始とのこと
ラッキーだ。


【ヘッドマークのアップ】
PEANUTHK03
ヘッドマークは、チャーリーブラウン、ルーシー、スヌーピー、ウッドストックという
4人(?)のメインキャラクターだ。

先日、阪急百貨店12階~13階の食堂街に行ったとき、吹き抜けの広場で
スヌーピーをフェアの開催を目撃した。


















※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-10-01

夜間撮影

夜間に鉄道を撮影するのは難しい。

この写真は、スマフォで撮影したもので、
踏切で単にシャッターを押しただけの様にしか写っていない。

先頭部分でシャッターを押したつもりでも、

横側しか写せていない。。

阪急電鉄3000系


でも考えようで、案外味のある写真かもしれない。

とにかく色んなシーンで撮影して、スマフォでの
写り具合を把握していく。

絞り、シャッター速度、ISO感度をいろいろ設定

雑魚場からKIXへ

友人知人はありがたい。

ブログネタをいつも提供してくれる。

こんなメールをいただいた、

ZAKOBAで、仲間ウチの飲み会をした。

ビールは、ピッチャーで、
白ワインは、デカンタで、
気の置けない仲間との外食、
たらふく食べ飲んだそうだ。

そのあと気がつくと、KIXに居たそうだ。

これを縮めると、
雑魚場からKIXへ
と言うことになる。

ZAKOBAは、雑魚場の事で、大衆魚の魚市場のことだ。
これが転じて、上方落語の名籍になっている。

ZAKOBAは、雑魚場で、KIXは、関西国際空港、略して関空のことだろう。

ZAKOBA

作成中

惜別 阪急電鉄 伊丹線 3100系

こちらの写真は、iPhone6s+によるもの。

光学ズームはないので、距離の離れた踏切からの撮影なので、近寄れない。

デジタル編集して、拡大すると、画素数が少ない。




こんなものか。

ただ、前記事でのヘッドマークの発色に比べると、
こちらの写真の方が、ヘッドマークの緑の発色が良い。



――――――――――







おつかれさま 阪急3100系 1964年から2016年

阪急電鉄の最後の3100系は、今伊丹線を4両編成で往復している。
これが、もうすぐ廃車なると言う。
用廃だ。

この編成の塚口町側の先頭車両は、3150と言うなんか覚えやすい番号だ。
でも3000系とは呼ばれない。
何故ならもともとは宝塚線用に作られた車両だからた。

偶然ヘッドマークを付けた本編成を見かけた。
阪急電鉄のサイトによれば、ヘッドマークへ付けて走るのは
七夕の翌日の8日までとのこと。

伊丹線の撮影ポイントは、何処だろう?
昼間の撮影もいいのだが、引退して去って行くことを
表現できるかと思い夜の撮影を試みた。

仕事を終えた人達が、下車するシーンを狙ってみた、

【阪急電鉄 伊丹線の踏切にて】
DSC_0021_01.jpg

フラッシュがたければ良いが、
それは運行の妨げになるので無理な話だ。

もう少し前の停車なら駅の照明が回りこむのだが
……。
このカメラ、一応ニコンの一眼レフだが、
暗いところは得意ではない。
ISO感度を上げると、画面がザラついてくる。

それなりの味のある写真になったと思う。

撮影日は6月30日、月末だ。
定年退職した人が、花束とともに下車してきたら
絵になっただろう。

6月30日と言えば、友人の命日だ。
早世した友人は乗り鉄だった。

夜間に鉄道写真を撮るために繰り出すなんて初めてだ。
私を忘れるな
と言う友人からの無言のメッセージかも知れない。









※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-06-30

開かずの踏み切り

所用で久しぶりにJRに乗った。
しまった!
と思ったが、遅かった。
日常茶飯事の様な人身事故による遅延に巻き込まれた。
人身事故というのは、婉曲な言い方で、
早い話が飛び込み自殺だ。

JRは、長距離路線が多いので、一度遅れると錯綜する。
元に戻すのには、かなりの時間を要すると思われる。

そこで迷惑するのは、JRの職員や乗客だけではない。
踏切で延々と待たされる人たちがいる。何とかしてほしい。

列車がだんご状態になり、駅で長時間止まる車両も有れば、駅間で止まる車両もある。
駅間で止まり、 それも踏み切り対応区間なら、踏み切りの遮断機は降りたままになる。
渡りたくとも渡れない。
いつ開くかも分からない。
停車中の列車からは踏み切りを制御出来ない。
対向列車の状況など分かるはずもない。

今日乗ったJRの列車は、駅で泊まっていた。
ホームは、人であふれてはいない。
電車もさほど混んではいない。
よって直ぐに出発するだろうと思った。
しかし、出ない。
最後尾の車両から後ろを見れば、次の列車が、数百メートル向こうで止まっている。
その手前には、遮断機が下りっぱなしの踏み入り。
人が、遮断機越しにいつまで止まっているんだ
と言うそぶりを見せた。









鉄道番組をまとめてBD-Rに焼く

最近量販店のメディア売り場が狭くなったような気がする。

以前は、一番場所を占めていたイメーション/TDKブランドのブルーレイが消えてしまった。
That’sも見えなくなった。

つまりは、BD-Rにテレビ番組を焼きつけて固定化する人が減ったということだろう。
昔からのエアチェックファンが、FMからデジタル放送に進化したと言うことだろう。
しかし、エアチェックファンは、確実に減っている。
麻倉さんがパッケージ化を進める本を書いていたけど、その本を読む前から実践している。



※ 良い本だが、1円の本になってしまった。
 しかし、4KテレビでDVDを見ている人もいる。
 ブルーレイを借りると、胡散臭い表情をするおバカな(失礼)GEO店員もいる。
 そんな人たちは、この本読んで勉強すべし。  



――――――――――
今、焼いたBD-Rのタイトルを参考にアップする。
2016年の5月に放送された3本の鉄道番組をまとめている。

同じころに、六角精児版と石丸謙二郎版の小湊鐵道(鉄道)+いすみ鉄道の紀行番組があった。
切り口は違うが、房総半島を横断する趣旨は同じだ。
小湊鐵道の切符売りの女性は同じ人だ。
あとの2番組は、フィラー番組として焼いた。

中井精也のてつたび!富山地方鉄道20160526
六角精児の呑み鉄本線春・小湊鉄道、いすみ鉄道20160522
新・日本風景遺産春の房総 小湊鐵道・いすみ鉄道20160524
須崎市~ 頭15分空から日本を見てみよう+20160531
X-2NHK昼のニュース20160422


六角精児版は、そうそうにサッポロ黒ラベルを飲む米沢さんが出てくる。
酔ったついでに、鼻歌かと思ったが siriで検索して分かった。

六角精児バンドのディーゼルと言う歌だった。
ブランドのディーゼルではなく、キハのディーゼルだ。



このアルバムで、島倉千代子の愛のさざなみをカバーしている。
六角精児さん、リリー・フランキーのThe Covers に出演資格がある。

石丸謙二郎、この人は何かの番組で剣岳登山をしていた。
ハードクライマーなのだ。
石丸謙二郎の剣岳登山の記事

――――――――――




※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-06-18

JR東日本内房線 浜金谷駅

NHKEテレのある番組を毎週予約している。
つまらなければ即消す。
嫌になったら即消す。
即決即消すの法則だ。
おもしろかったら、最後まで見る。
資料性があると考えたら、BD-Rにパッケージ化する。
即決即消すの法則だ。

今回、この番組は浜金谷駅から始まった。

どっちみち鋸山の紹介だろうと思ったけど、
鋸山にはふるカフェ系の古民家はなかったように思う。

ふるカフェ系 はるさんの休日、今回は金谷が舞台の様だ。
※ 観たのは、2016年6月15日、多分初回放送ではない。

浜金谷駅にはいったことがある。

地名は金谷なのに、駅名は浜金谷、多分別の金谷駅があるので、浜金谷駅となったのだろう。
全国区の国鉄の流れを引くJRなら良くある話だ。

因みにもう一つの金谷駅は、静岡県島田市金谷新町にある。
なら金谷新駅にすれば、と思うが諸事情があるのだろう。

つーさん工房写真室のアーカイブを捜してみる。

ありましたよ。写した記憶があるから直ぐに探せる。

【浜金谷駅の駅名看板】
DSCN6287t.jpg
この記事をアップした後にこの写真を眺めていて閃いた。
この板っ切れのちょっと安っぽく見える駅名看板、この板きれは、鋸山を模しているのかもしれない。
鋸山モンブラン(ケーキのこと)を見ててその様な連想をしてみた。

【浜金谷駅ほぼ全景】
DSCN6289.jpg

真田ハルは、ここからタブレット端末を持って現れる。

【番組名はふるカフェ系、つれて来たのは209系】
DSCN6280_01.jpg
構内の陸橋、跨線橋から撮影した。
画面右上が、鋸山だ。

番組では、カフェえどもんずのバウムクーヘンがこの形を模したものになっていた。

カフェえどもんず の名前の由来。勝手に想像した。

店のマスターが、東京出身と言ってた。つまりは、江戸者だ。
江戸者、転じて江戸モンとなる。江戸モンがやってるカフェだから、えどもんずカフェ。
語呂がいいのは、カフェえどもんずかな。


――――――――――










※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2016-06-18

隠れ鉄ちゃんクイズ

隠れ鉄ちゃんクイズ そのいくつ目か。

三津屋中国
5形JB

と書かれた箱をみつけた。



クイズ ここはどこだろう?

因みこの箱、上に信と言う文字が配されている。
多分現状からして、信用金庫の信ではなく、信号の信だろう。
写真では分かりにくいが、下の銘板に
株式会社てつでん
と書かれていた。
平仮名は少しデフォルメされている。
そつでん あるいは そうでん かも知れない。

三津屋という会社の中国法人?の制御器ボックス?



関西本線

ウグイス色の車両が2両編成並んでいた。

大阪駅でこの車両を見る機会があるのかどうか知らない。

大和路快速で使われることもあるのだろうか?



これは両編成とも、201系。

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】