FC2ブログ

SpO2 No Pulse Not Admitted from IntelliVue

SpO2 No Pulse

テレビ朝日のドラマ『BG〜身辺警護人〜』の中で村田が、
搬送中の救急車で命を落とすシーンで、
Philis製のIntelliVue がディスプレイ上に表示したメッセージだ。



─────
動脈血酸素飽和度 → 動脈に含まれる酸素(O2)の飽和度

これがなくなった。
と言うこと。

番組では、救急車の救急救命士が

アレスト  !

と叫ぶ。

アレスト って何?

英語で arrest で 医療用語として 停止状態を指す。

ここでは、呼吸停止ではなく、心停止を指していたと解釈している。
あるいは、両方かも。

アシストロール asystole(左記タイトルをクリックするとリンク先を展開)

とは言わなかった。

asystole とは、心停止 あるいは 心静止 のことだ。

いずれの場合も、判断は医療用計測器の表示がもとになっている。

You're Unde Arrest
なら 逮捕される とか 確保される の意味になる。

               







asystole

日本光電の計測器が、

asystole

と表示するのを見た。

10時11分。

複雑な気持ちだ。

ヒヤリ・ハット ヒアリ・バット

ヒヤリ・ハット
と言うと
職場の安全のみならず、
車の運転、
歩行者としての交通安全、
生活全般、
でヒヤリとして、
ハットする事がある。

それを安全に生かす。

それがヒヤリ・ハットの根幹だ。

尼崎でヒアリが、見つかった時は、ヒヤリとした。
上海から来たコンテナに乗っていた。
それならいハット気づいて、荷揚げ港の神戸でも当然のごとく
ヒアリの調査をすべきだろう。

今回のヒヤリ・ハットは、ヒアリ・バットだ。

ヒアリ(火あり)が阪神間でバット出現した。










専門書もあるようだ。表紙の顔は、SEMの写真か?
エイリアン見たい。

何故か、換気扇フィルター掃除

梅雨入りまではまだ少しある。
大掃除はしてはいけない。

そこで、換気扇の掃除をする事にした。

年末に大掃除をするのは面倒だ。

つまりこまめに掃除をすれば良い。

大掃除が、12とすると、その12を
一度にするには、大変なので
月割りにすればいい。分散思考だ。

そこで、思い立ったが吉日。

セスキ液を使って、換気扇の掃除をする事にした。







セスキを薄めたようえきの中に、フィルターを
ジャボづけする。

しばらくおいて、油汚れがはく離してきたら、
流水で洗い流す。
これだけでも結構油汚れがとれる。
さらにだめ押しで、歯ブラシや、水洗い用のブラシを使って書落とす。

これで再度流水でセスキ液を洗い流す。
少し乾かして、古いタオルか、きれいな雑巾でふけばおしまい。



手荒れを防ぐ為に、防水手袋をする。







最近手が荒れるんだよね。



そこの手すきの人、セスキ液を使って油汚れをお掃除、お掃除。



――――――――――

ピロリ菌

胃にはピロリ菌がいるという。

ヤクルト菌か、ビフィズス菌と同様に胃のために住み着いている菌くらいに思ってた。

先生の説明を受ける。

ピロリ菌は、胃潰瘍や胃炎に深く関わっている。
元々は胃の中には、居ないもの。
なんらかの要因で、胃の中に住み着いてしまったのだそうだ。

慢性胃炎は胃ガンの要因となる。



つまり、ヘリコプターじゃないヘリコバクター・ピロリことピロリ菌は、胃の中に居ない方が良い。

居たら駆除すべきものなのだ。

血液検査でもピロリ菌がいるかいないか分かる。

私には、幸い居なかった。

しかし、より詳細に知るには胃カメラを吞んだ方が良い。
アクロバット姿勢を強要するバリウム胃部X線検査よりは、鎮静剤を点滴してから受ける胃カメラを呑む方が楽だ。

胃カメラを吞んだらピロリ菌発見は言うまでもなく、
さらには兄貴流石 じゃないアニサキスだって駆除できる。



幸いピロリ菌は居ず綺麗な胃とのお墨付きを頂いた。

こんな話を友人の川端先生にすると、

実はお腹の調子がイマイチなので、胃カメラ検査をする事になった。
胃カメラ検査は、麻酔が効いて痛みなく終了したけど、
なんと、ピロリ菌が居た。
こいつらを駆除しなければいけない。

と言う話が返ってきた。



黄砂

今日、5月8日は大きなマスクをしている人を
多く見かけた。
PM2.5が黄砂に乗ってやってきたせいだろう。



普段より目も痒い。

スギ花粉にヒノキ花粉、これらの花粉症だけではない。
敏感なエム田氏なら浅間山の粉塵もアレルゲンだ。

敏感でなくともPM2.5に黄砂、
鼻がムズムズしたり、目が痒かったり、
大陸からのアレルギー爆弾だ。
これも化学兵器か、生物兵器だろうか。




目がかゆい なら ALG

里山歩きが好き。
春の陽気が感じられる中、こんな山道を歩くと楽しい。

【東尾根ルート】
higashi_one

しかしこのシーズン、杉花粉が、気になる。

数年前、3月ごろに目がかゆくなった。
原因不明。今までこんな経験なかった。

知り合いの管理薬剤師に尋ねると、
花粉症だと言われた。

鼻水たらたらが、花粉症かと思っていたが、それだけではなかった。

その時に薦められたのがこれ。
緑色の液体の目薬ALG



確かに目のかゆみが取れた。

スタディー って?
キョーリンリメディオって書かれている。
スタディーはブランドのみたいだ。
キョーリン製薬のグループ会社の様だ。
本社は、金沢市。

診察室のケニーG

企業やある程度の規模の組織では、健康診断を組織内で行う。

一定の年齢を超えるとバリウムによる胃腸の検診がある。

少し太った愛想の悪そうな看護師?に胃を膨らませるための
発泡剤を飲むように指示される。

しばらくしてバリウムの入った紙コップを持たされ
測定室に入る。

今度は、放射線技師のおっさんの出番だ。

バリウムを飲んでください。
げっぷしてはダメです。

  げっぷして、倍の量のバリウムを飲まされた人もいる。
   バリウムはもういやじゃ!
  と言ってた。

口についたバリウムをティッシュで拭いてください。
ティッシュを紙コップに入れて、コップ台に置いてください。

ハイ倒します。

うつぶせになってください
仰向けになってください
横の棒を両手でもって体をささえてください。
左回りに一回転してください
もう一回回ってください
ハイ息を止めて。
てなことを延々と要求される。
異種の拷問か!?
小動物の様な従順さが要求される。

無理な姿勢を要求され、頭から落ちそうなのを何とか支え
バリウム検査を終える。

大変なのはこれからだ。

バリウムは、お腹のなかで固まるので、
下剤を飲んですぐに出してください。

これがまた難行だ。
水をがぶ飲みして、何とか早期に全部出そうと頑張る。
下手をすると出口の前で固まってしまい、イチジクのお世話になった人もいる。



こんなのはいやだ。

早い話、バリウムで胃の表面に何かないかを確認する作業だ。
何も不具合が無かったら幸せだろう。
一方で、もし何か見つかっても、何もできない。

─────
それに引き換え、胃カメラはしんどい用で、全体としては効率が良い。

前日20時ないしは21時からの絶食は同じだ。

ここの医院では、鎮静剤を点滴で投与してもらうことが出来る。
これは、おえっ とか 異物挿入感とから解放される。

まずは荷物をもって内視鏡のある診察室にはいる。
内視鏡はピカピカのOLYMPUS製だ。
 ここのエコーは、東芝メディカル製だった。
 もうすぐ東芝メディカルもキヤノンメディカルだ。
 キヤノンはいい買い物をした。一方日本から出ずに良かったと思う。

診察室の中では、低音量だけどBGMが流れている。
ケニー・Gのナンバーだ。
曲名は思い出せないもののケニー・Gには、間違いない。
緊張感の中、そんなことを考える余裕はある。

まず点滴される。今日は手の甲にされた。

のどの違和感軽減のために
ジェル(ゲル)状の麻酔剤をのどに5分程含んでから吐き出す様に指示がある。
うがい薬をゴロゴロせずに喉の奥にため込んでいるという感じだ。
当然もっとドロッとしている。
呑み込めないし、一定時間吐き出せない。
直ぐに吐き出すと麻酔の効きが悪くなるといけないと思い、
必死で我慢する。

手の甲からの点滴が効いてきた。
その頃、ドクター登場。
お待たせしました。
とドクター。
マウスピースを噛むようにと指示があり、
マウスピースを口に含む。

そこからは、覚えてない。

目が覚めたころにドクターが食道や胃内部の写真を見せてくれる。
説明があるものの質問が出来るほどに頭が回転しない。
麻酔はまだ残っている。

きれいな胃です。ピロリ菌もいません。
と言われた。
一安心。

ケニー・Gの曲はまだ流れていたが、そんなことより
胃は大丈夫でピロリ菌無しにはほっとした。


後日、つーさん工房のCD棚からケニー・GのCDを引っ張り出す。
ケニー・GのCDを虫干しの様に全部鳴らしてみよう。
クラシック音楽なら同じ作曲家の曲に特化して聞くことをチクルス(zyklus)という。
ベートーベン・チクルスとかモーツアルト・チクルスとかと言う使い方だ。

ヘビー・ローテーションでもないし……。

一枚目


二枚目
私。

【続】 伊丹イオンモール にて 定食を食べると 感染性胃腸炎になった!

伊丹イオンモール にて 定食を食べると 感染性胃腸炎になった!(クリックするとリンク先の記事を展開)
の記事に関して
奈須出氏推薦の店の具体的な場所の照会があったので、スマフォで位置情報を出した写真を、
スニッピングしたもの掲載する。

【写真撮影場所は伊丹イオンモール/イオンモール伊丹】
IMG_6193.jpg
※ 写真をクリックするとVGAに拡大する。

気を付けよう暗い夜道と甘い声 と言うのがあるが、

気を付けよう暗い店舗と赤い肉

気を付けよう流行らない店危ない店

気を付けよう奈須出の怪しい推薦店

※ キーワード
※ 感染性胃腸炎 伊丹イオンモール イオンモール伊丹 感染症胃腸炎

健康・安全・衛生 ここまでのまとめ


関連記事





Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル株式会社
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】