アメフトの被害者の大学は 関大ではなく関学!

無意味な日大の記者会見の後、
一時謹慎の前監督は、日大病院に逃げ込んだ?
と報道があった。

一番遅い関テレのニュースなら追加情報があるかもと、
リモコンチャンネルを8にした。

このフジテレビのキャスターは、

日大側の回答を待つ大学を
関学
と言わずに
関大
と言った。



番組名は、FNNプライムニュース。

さすが報道のフジテレビ。

EPGによれば、報道一筋のキャスターらしい。

なんかタメ口で、
うんうん
と言ってるのは、聞きづらい。

日大のアメフト部の監督は、
意識的に、関西学院大学を
意識的に?
かんさいがくいんと言ってた。
何度も何度も。

かんせいがくいん
と読むのは交流戦をしているなら
知ってそうなものだ。

名前をわざと間違えるのは、
相手を軽んじているのが見え見えだ。

宮川選手が、関学との交流戦が無くてもいいだろう
と言われたことに通じる。

この椿原というアナウンサーも、
関西の大学なんか知ったことか、
という思い上がりがあるのだろう。

調べてみたら、この人、中高
小林聖心女子出身だよ。
おばやしせいしんと読む。
コバヤシではない。

阪急今津線で通学してたなら、
関学や女学院も当然知ってるだろう。

間違えるかなぁ。

関学に悪い印象でもあるのか?

結局、訂正することもなく、
放送は終了した。

と思ったら、最後の最後に訂正した。

でも、寛大にはなれないね。
途中で訂正できたはず。

今津線仲間だよ。

その後、関テレの番組になって、

伊丹市出身、中高大と関西学院の銀シャリの
橋本が出てきた。
日本ダービーの紹介番組だ。

そろそろ寝よ。






久しぶり、日経の広告塗りつぶし

随分前に日本経済新聞の広告に塗りつぶしがあった。

確か、週刊現代が日経の社長のことを書いたときのことだった。

日経に関するところは、べたっと塗りつぶし。

今度は、週刊新潮だ。

大きく塗りつぶされている。
小さい字で書かれている内容から
昭和天皇に対する不敬映画に関するもののようだ。

天皇制を認めたくないのは、反日国とコミュニストの人たちだ。
他にもいるかもしれない。

日本経済新聞は、週刊現代の時とは違うスタンスで、
週刊新潮の見出しを墨塗りしたと推測できる。

日本国憲法では

第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

と書かれている。

日本国の象徴を侮辱する事は、
日本国を侮辱することに他ならない。

五輪が終わるとすぐに反日キャンペーンを始めた国がある。

これとも関係があるのかないのか。

久しぶりに、墨塗りを見て
ちょっと考えて見た。




夕刊の写真が、インクにじみに見える。

北朝鮮が新型ICBM
と言う見出しが第1面に掲載された
2017年11月29日の日本経済新聞の夕刊。

何やらインクが、ボタッと落ちてようなシミが
ある。



けしからんな。
今時、こんなインクがボタって。
そう思ったものだ。

しかし、天下の日本経済新聞がこんなアホな印刷するやろか。

よく目を凝らして見ると、
何と、人の頭やった。



最近、JINSでいわゆる読書メガネをつくった。
幸いこのメガネなしでも、日本経済新聞の記事は読める。

その程度は見える目だけど、

写真の選択が悪いのと違う?
これは言いたい。

――――――――――


――――――――――
画像サイズ確認





高村正彦自民党副総裁引退

テレビや新聞の報道によれば、
自由民主党副総裁の高村正彦氏は
2017年9月28日の衆議院解散をもって、
引退するという。
もし解散がなければ、任期を全うする事になっただろう。

日本経済新聞の2017年8月度の
私の履歴書の執筆者は、高村正彦氏だった。

昔、当時のソニーの会長だった大賀さんは、
私の履歴書の最終日、確かシューベルトの誕生日の
1月31日、自らの引退を最終稿の中で宣言した。



高村氏も解散を事前に知っており、日本経済新聞と調整して、
私の履歴書をこのタイミングで書いたのだろうか。

皆さん、先を読んで私の履歴書を書いているのだろうか。



緊急速報 の実際

近畿地方が、アラートがなかったそうだが、
関東甲信越
長野県では、当方のスマフォはきっちり受信した。
それも二回、けたたましく鳴った。

kinkyuu.jpg

彼奴等(きゃつら)は、
いつまでこんなことを繰り返すのか?

日本政府の
厳重に厳しい言葉で抗議した。
この声明、何度聞いたことか?

聞く耳持たない相手なら、
馬耳東風。

座して死を待つ
なんてのは、まっぴらだ。

SDFにクルーズド・ミサイルを導入する。
潜水艦に対地攻撃能力を持たせる。
などなど、

もっとアグレッシブなことは出来ないのか?




News Houdou Korea on NK air force

トップ・ニュースは北朝鮮、セカンド・ニュースは、
ナントカ学園が、最近のNHKのニュースのデフォルトの感がある。

先日も北朝鮮の日本の広報部門よろしく、
北朝鮮の空軍力の広報活動を行なっていた。
視聴料というか受信料金を払いたくない。

北朝鮮の空軍力を持ってすれば、アメリカの鉄くず同然の航空母艦は、海の藻屑だと言うキャンペーンの
お先棒を担いでいる。

この映像は、ミグ21

アメリカ海軍の主力、F/Aー18Eスーパーホーネットの敵ではない。


この映像は、Suー25K攻撃機。

2015年11月、トルコ空軍のF-16Cがトルコ・シリア国境付近で、撃墜したのはロシア軍のSuー24
だった。
25ではなかった。
Suー25は、スティンガーで撃墜されたものが多いと何かで読んだ。
北朝鮮の機体は、対抗のための改修がされているのか?

爆弾2発を投下する映像


地上での爆発シーン

攻撃機から投下された爆弾によろ爆発映像の様に編集されているが、ホンマかいな?
3回くらい爆発している様にも見えるが。
NHKが入れたキャプション、
北朝鮮のプロパガンダそのままの様な画面構成だ。
Nはニュース
Hは報道
Kは北朝鮮

NHKは、ニュース報道北朝鮮 の様だ。

黒煙の中を飛ぶ北朝鮮機。

ジェットエンジンへの遺物吸入を避けるため、
普通こんな飛行はしないだろう。

NHKの報道スタンス、意図的なキャプションからは

北朝鮮空軍の凄まじい攻撃力の誇示に
恐れをなして、
日本海に展開していたアメリカ海軍の
2隻の航空母艦は、日本海から離脱した

とミスリードされそうだ。

甲子園の高校野球の全試合完全放送と同様、
北朝鮮のプロパガンダ映像は、
すべて放送する。

NHKには、そんな不文律があるのだろうか。

こんな北朝鮮プロパガンダ・ニュースに
受信料を払いたくない。

監督官庁である総務省はどう見ているのだろう。

戦闘機vsカメラ 空を舞う 日本経済新聞記事

今日の日本経済新聞の文化欄、
空母シャルル・ド・ゴールから発艦する2機のラファールの写真が出ている。

戦闘機vsカメラ 空を舞う 徳永克彦

と言う見出しで、徳永克彦自らが書いている。

徳永克彦と言えば、戦闘機の空撮だ。

高いGに耐えて絶妙の空撮写真を提供してくれる稀有なカメラマンだ。

空撮のきっかけ、展開、取り組み姿勢などが、
限定された紙面に掲載されている。

徳永克彦ファンなら日本経済新聞、
2017年5月31日朝刊、
最終面の「文化」欄を読むべし!

もっとも、本記事は以下の本のプロモーションを兼ねているようだ。



数千円くらいと思って、amazonでチェックした。
上記の様に13,500円とちょっとお高い。

でも興味ある。


NHK as 日本語破壊協会 「優勝に大手」

14歳のプロ棋士、藤井四段が、連勝記録を伸ばしている。
貴重な逸材だ。大事に育ててほしいものだ。

ところで、将棋で詰めのときにいう言葉は、
王手(おうて)だ。

相撲でも、あと一勝すれば優勝が確実になる時、
その時にも、王手という表現を使う。

稀勢の里、優勝に王手、白鵬、優勝に王手と言うような言い方をする。

将棋の用語が、他の勝負事に転用された例だ。

さて、ニュース・ホット・コリアことNHK、
北朝鮮のミサイル発射のニュースは必ず
トップに持ってくる。
なんか、北朝鮮の報道機関のようだ。

NHKは、ネットによると、
日本語 破壊 協会の略だと言う。
しょっちゅう噛むニュースのアナウンサー、
正しい日本語が伝えられない。
噛む噛むエブリバディ。

わざと?と思ってしまう作為的な字幕スーパーインポーズの誤記。

今回は、白鵬が優勝に王手をかけた時のニュース、
字幕スーパーには、王手(おうて)ではなく、
大手(おおて)と書かれている。


【エビデンスの写真。ニュース7より】
大手かい?
パッと見には、王手を大手にしているのが、わかりにくい。
一種サブリミナルのような仕掛けで、日本語を破壊している。

日本語破壊に王手。
日本語破壊の大手、日本語破壊協会。

王手が大手
※ おうて と入力すれば、 大手 に変換されるわけがない。
  日本語を知らない者が、字幕スーパーを作っている。
  反日国に字幕スーパーの発注をしているのだろうか?
  おそるべし、日本語破壊協会。

こんなもの一般的な日本の義務教育を受けて理解した者が、
間違えようのない事だ。

NHKは、公共放送をうそぶくけど、日本語破壊協会として正しい日本語ではなく、
間違った日本語を巻き散らかそうとしている。
そうとしか思えない。

こんな公共放送?に視聴料金など払いたくない。

たまにNHKを国営放送などと言う人がいる。

自国の言葉を正しく伝えない報道機関?、
反日国のニュースをトップに持ってくる報道機関?
そんなものが国営放送の訳がない。

気がつかないだけで、サブリミナル的に、多面的に、
日本語破壊活動(こちらもアクロニムはNHK)
が行われているように思える。
王手を大手など、氷山の一角に過ぎないのだろう。
もっと多面的に、日本語破壊活動が行われている恐れがある。

総務省は、NHKの停波は考えてないのかな。
停波したら、視聴料金は払わなくてもいいだろう。

お金を強制的にとられて、間違ったことを押し付けられるのは、願い下げだ。

――――――――――
NHK means 日本語破壊協会.
この様に仮設を立てて、NHKの報道姿勢を見ていると、
それが、仮設とは言い切れないと思えてくるだろう。

――――――――――
NHKのアナウンス読本は、とっくの昔に絶版になっている様だ。

こんな本は出ているのだが・・・。








アンチ日本語破壊協会の勢力の巻き返しを期待したい。

――――――――――


山岳遭難は自分ごと ヤマケイ新書 の続き

山岳遭難は自分ごと 北島英明 ヤマケイ新書



を紹介するつもりが、だんだん話がそれてきた。

で、稿を新たにした。


─────

2017年3月27日、栃木県那須町のスキー場で、栃木県立大田原高校・山岳部の生徒ら8人(生徒7人と教員1人)が
雪崩に巻き込まれ死亡するという人災としか思えない事故が起きた。

春山登山の安全講習会を受けていたというが、悪条件下でラッセルの訓練をやるというのが高校生の部活の一環として
正常な事なのか疑問に思う。

何でビーコンを持っていなかったのだ!と叱責する人も登場した。
しかし、高校生の山岳部の講習会だ。
ビーコンが必要なレベルの登山訓練が必要なのか?
講習の最高責任者は、無線機も持たずに講習の現場にも参加していない。

業務上過失致死で警察が捜査している様と報道されている。

冬山の遭難と言うと、1902年に起こった199人が亡くなった八甲田雪中行軍遭難事件を思い出す。
こちらは旧陸軍の訓練中に発生した事故で、1904年には日露戦争を迎える時代背景があったと聞く。





カールビンソンにプラウラー??NHK真面目にやって!

2017年4月24日、ニュースウオッチ9で、アメリカ海軍の航空母艦カールビンソンを解説している。

【放送された一画面】




おいおい、プラウラーが乗ってるぞ!!
艦橋の前の内側に翼面積の広い平面形からEA-6Bプラウラーだろうと思しき機体が2機。

【EA-6B at Atsugi NAS 2007】
P1050808.jpg

有馬さんや桑子さんが知らなくても、
仕方がないけど、バックヤード(流通用語です。放送用語ではない。)は何してるの?

空母の上には、プラウラーではなくグラウラーでしょう。
カールビンソンの解説するならそれぐらいのこと知ってなきゃ信ぴょう性に欠ける。
北朝鮮を攻撃するならEA-18Gグラウラーの電波妨害、ジャミングなどの機能は、
必須で不可欠だ。
そこの作戦機が旧タイプのものが艦上に載っているなら、
この解説どこまで信用していいのか?
と思ってしまう。

まさか視聴者をなめているとは思わないけど、軽いなぁと思ってしまう。

江畑 謙介が健在なら(今年で68歳、享年60歳)厳しく追及するだろうな。

遺作


Image of the Day: EA-18G Growler aboard USS Carl Vinson

EA-6B プラウラーは海兵隊では現用機かもしれないが、海軍ではリタイアしている。

現役当時は、江ノ島の東側から北上直進する3機編隊のEA-6Bプラウラーを観たことがある。
どこにいったのだ






NHK版カール・ビンソンには、C-2A グレイハウンドが2機のっかている。
多少違和感がある。

軍事漫談家の井上和彦、航空評論家の青木 謙知とか日テレ・読売系か?
NHKはこの分野のブレーンが居ないのだろうか?







Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル株式会社
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】