FC2ブログ

かんちがい 神田陽子 一龍斎春水  (修正版)

土曜日の早朝4時半NHK総合テレビでは、日本の話芸を放送している。
つーさんは、落語が好きなので、毎週録画設定している。

「日本の話芸」だから落語だけとは限らない。しかし、ほとんどは落語だ。
10回に1回くらい?は、浪曲ないしは、講談が、入る。
残念ながら、講談は見ないで消してしまう。

今回は、神田陽子 という 神田派の講談師である。

日本の話芸
東京・浅草木馬亭で11月24日に収録した、神田陽子の「清水次郎長伝より心中奈良屋」を放送する。

この人の講談は、面白い。落語ではないが、間に漫談的?なものもちりばめて、客が飽きないような工夫をしている。

さて、この陽子さんが、宇宙戦艦ヤマトで 森雪の声優をやっていたようこさんだと思い込んでいた。

以前、鎌倉の鶴岡八幡宮で、女性講談師が、静御前だったかの話をしていたのを聞いたことがある。
その女性講談師は、何とかようこという名前で、森雪の声優をしていたことを自ら紹介し、
その声色で「古代くん」と言っていた。

いつからかこの講談師が、神田陽子だと思い込んでしまっていた。

しかし、神田陽子 森雪 と検索しても出てこない。

講談師 森雪 と検索すると、一龍斎春水 / 麻上洋子 と出てきた。

そうか、いつからか 一龍斎春水 と 神田陽子が ごっちゃになっていた。
つまり ようこ という名前から かんちがい をしていたわけだ。

鎌倉の鶴岡八幡宮の話は、また別の機会にすることにする。


おまけ
だじゃれ 地口 のたぐい

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
じょせいこうだんし。 女性好男子。 女性講談師。
こうだんし こうだんおえて こうだんし
講談師   講談終えて   降壇し

"2011年最も革新的な企業"トップはApple、4位に日産 - 米調査

"2011年最も革新的な企業"トップはApple、4位に日産 - 米調査

日本の企業は、ベスト10までに日産が4位で入っている。ベスト20までに、小坂製錬が14位に入っている。

元データを見てみた。

SAMSUNGが43位に入っている。GEが45位。日本の電気メーカーはないのが残念だ。


JR東日本 横浜線・鴨居駅

JR東日本 横浜線・鴨居駅。

横浜線は、不便だ。東海道線に乗り換えるには、横浜駅あるいは、川崎駅まで行かなければならない。
横浜線でも、すっと横浜まで行くとは限らない。

東神奈川駅止まりのものも結構ある。

関西方面から鴨居駅に行くには、新幹線の新横浜駅で乗り換えれば、小机駅の次で降りれば良い。

【鴨居駅】
P1200585_01.jpg

※ つーさんの隠れ鉄ちゃん
※ 初出 2011-02-26

かんちがい 福山雅治 林隆三

最近、美術館に行った際に、住友ゴムの本社の前を通った。
住友ゴムのメインブランドは、ダンロップ。

このダンロップが、エナセーブのキャンペーンを打っている。

先日も、日経で全面広告を出していた。
福山雅治が、100年前にタイムスリップして、高祖父つまりは、ひいひいおじいさんに会うという設定だ。
今年2011年なら100年前は1911年。明治元年が、1868年だから明治44年だ。

この全面広告を見たとき、福山雅治が一人二役をしているとは、全然知らず林隆三だと思った。

テレビのCMでアップを見たときは、本人が高祖父の役をやっていると分かった。

かんちがいだ。

100年前の高祖父の設定が70歳。林隆三は、1943年生まれとあったので、今年68歳。
年齢的には近い。

似ていると思うがなぁ。

大方諸彦 その2

つーさんは、必殺捜し人、究極のサーチャーと勝手に思い込んでいる。

とある文献を探している時に、大方諸彦という言葉を見つけたのだ。

メーカーは、自ら開発した技術活動の成果を広報として発信している。
多くは、学会誌に準じた形式を採っており、技術論文や技術解説をまとめ月間、隔月刊あるいは季刊で出版している。つまり有料である。

しかし、最近は、メーカーのホームページ上にpdfで紹介されている場合が多い。

ちょっと紹介しておく。

富士通テン技報

東芝レビュー

日立評論

三菱重工技報

切がないので、ここまで。

大方諸彦に戻る。

実は、以下で見つけた。
創刊号のご紹介

創刊号のご紹介 発刊のことば<創刊号1955)より> に出ていた。

ここに、引用させていただく。

何分にも,専門の編集者がやっていることではありませんので,外装・内容共にまとまったものとなるには,暫らくの日時と,大方諸彦の御叱正をお願いしなければならないと考えます。何分の御支援をお願い申上げます。

おおかたもろひこ ってここで出てきた。
これは、タイホウショゲン or たいほうしょげん と読むのが正しいようだ。

広辞苑でも、大方諸彦 は出ていない。 大方 と 諸彦 は、個別で探さなければならない。

タイホウは、度量の高い人、学問見識の高い人のことを指すようだ。
ゲン=彦は、男子の美称なのだそうだ。そこからショゲンは、男子のみなさんということだ。
諸彦は、諸賢の言い換え替えではない。
よって 大方諸彦は、見識の高い(男子)の皆さんという意味の様だ。

これだけ調べるのにネットだけでは解らない。あの新解さん(新明解国語辞典)から、広辞苑まで大動員だった。

日本語は難しい。

広辞苑 第六版 (普通版)広辞苑 第六版 (普通版)
(2008/01/11)
新村 出

商品詳細を見る


新明解国語辞典 第七版新明解国語辞典 第七版
(2011/12/01)
山田 忠雄、 他

商品詳細を見る


新解さんの謎 (文春文庫)新解さんの謎 (文春文庫)
(1999/04)
赤瀬川 原平

商品詳細を見る

ICT

ICTという言葉がメールに書かれていた。
残念ながら、初見の言葉だ。
ICUなら知っている。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出てた住吉美紀さんの母校だ。
CTは、Computed Tomografy。 CTにMRIの利点を加味したIntegrated
CTなんて言葉があるのかどうか。

多分、ICTは、Information and Communication Technology の略で情報通信技術のことの様だ。

ICTは、情報・通信に関連する技術一般の総称。従来のITと同様の意味で用いられ、ITに代わる用語として
定着しつつある。
そのような趣旨が、IT用語辞典に書かれていた。こちらは、まだICT用語辞典ではない。

IT用語辞典

ITにCが加わって通信、双方向性とか、情報の共有化を前面に出したいという意図があるようだ。

総務省にICTビジョン懇談会という機能があるようだ。平成21年6月5日付けの公表が、最新版、latestの様だ。

「ICTビジョン懇談会報告書-スマート・ユビキタスネット社会実現戦略-」の公表(平成21年6月5日(金))

アルファベットの頭字語(アクロニム/イニシャリズム)は、業界ごとに全然意味が異なる。
それに、技術の進歩等により言葉が脱皮するのでフォローも大変だ。

ネットのサイトのアドレスをURLと頭字語を使っている。
しかしこれもURIに変わりつつあるということを今回の検索で知った。

言葉のバージョンアップもソフトウェアのバージョンアップ同様、タイミングを選ぶ必要がある。

大方諸彦

ネットで検索してる時に、大方諸彦という言葉を見つけた。

「暫らくの日時と,大方諸彦の御叱正をお願いしなければならない」

おおかたもろひこ さん。

著名人なのか?

お願いする人に呼び捨てとは、少々失礼ではないか?

おおかたもろひこと とは何者なのか?

数十年人間やってきて、大方諸彦 という人名は初めてだ。

大方諸彦、ぜひ、由来を知りたい。

あまり若い人の使う言葉ではなさそうだ。

※ 追記 関連記事

大方諸彦 その2(クリックするとリンク先を展開)

さらば、日航ジャンボ

2月20日の羽田発那覇行が日航ジャンボ国内線の事実上のラストフライトとなった。

日航ジャンボ と googleで検索を駆けると、御巣鷹山墜落のことが最初に出てくる。

沈まぬ太陽 という映画が2週間ほど前に日本テレビ系で放送された。
日航ジャンボ墜落事故をモデルにしているのは、公知の事実だ。

今日の日本経済新聞の別刷りは、就職人気ランキングであった。
日本航空の名前はもはやなかった。

ナショナルフラッグキャリアの現状は、悲しい限りである。

つーさんが、日航ジャンボを一番最近撮影したのは、この一枚である。


日航ジャンボ B747-400D

昨年夏 新千歳空港にて撮影

落語家 桂三枝 ソロモン流【賢人:桂三枝】

テレビ東京の番組で、ソロモン流というのがある。
2011年2月20日(日)は、【賢人:桂三枝】であった。
日本経済新聞のテレビ欄でも紹介されていたので、きっちり録画してみた。

タレントとか司会者としてばかりではなく落語家の桂三枝としての切り口で
紹介されるということであった。

ちょっと年配の人なら、ヤンタンの河村静也こと桂三枝としてインプットされているだろう。
どうも落語家というイメージとは、違う。
それに、桂三枝は、古典落語をやらない。それも自作の新作落語しかやらない。
桂米朝や桂枝雀の様に古典落語で落語家として評価されている人とは違う。

という刷り込みがずっとあった。

ところで、少し前だが、池袋演芸場に行ったことがある。
池袋演芸場は、東京都内に四軒ある落語定席の一つだ。池袋駅から数分のところにある。

ここで、柳家はん治と言う落語家が、「背なで老いてる唐獅子牡丹」と言う話をかけていた。

この題名は「背なで泣いてる唐獅子牡丹」のパロディだ。

年老いた任侠の親分が、殴り込みに行く顛末記だったと記憶している。
柳家はん治という落語家はその時まで知らなかった。ネタもしらなかった。
話にぴったりと合った風貌で、なかなかの異空間にいざなってくれたという記憶がある。

後で知ったことだが、この「背なで泣いてる唐獅子牡丹」という話は、実は、桂三枝の創作落語であった。

桂三枝の落語は、東京で活動する落語家も演じているんだ。と妙に感心したことがある。

その後、NHKの日本の話芸でも何度か桂三枝の創作落語を聞く機会があった。
桂三枝には、既に200以上の創作落語があるという。まさに継続は力なりである。
ソロモン流では、あの立川談志も桂三枝を評価しているというシーンもあった。

桂三枝ファンや落語ファンは、もちろんのこと、なかなか楽しませてくれる番組であった。




【大阪パテントセミナー】(応用編)第1回

【大阪パテントセミナー】(応用編)

中国特許実務の留意点 ~OA応答を中心として~
講師 薮 慎吾(弁理士)
日時 2011年2月16日(水) 午後6時30分~8時30分
内容 中国出願数の増加傾向に伴い中国出願を扱う機会が増えていますが、日本や欧米との制度の違いによりスムーズに権利取得できない場合があります。特許実務担当者にとってその違いを顕著に感じるのがOAです。そこで中国特許実務の留意事項についてOA応答を中心に説明します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
OAって何やねん。
ここが、よく分かってなかったのと、中国語で、結局良く理解できなかった。

この日は、場違いだったようだ。

19時20分頃に休憩となった。10人くらいは、途中退席した。
多分、その方々も今回は、(自分にとって)意味なしと判断したんだろう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
OAって何か。

OA:OnAir ⇒ 放送中。
OA:Office Automation ⇒ 事務所の自動化

http://www.furutani.co.jp/
知的財産用語辞典 で OA を調べた。

「あなたが入力されたOAについては解説を用意していません。
なお、OAは、解説希望のあった用語として登録しました。
希望の多い用語から、順次、解説を追加する予定です。」

ここでも、分からない。

色々と調べてみて、以下を見つけた。

ある特許事務所のホームページでは、
拒絶理由通知書(OA)と表記して以降は、OAとacronym(頭字語)で記載。
拒絶理由通知書(OA : office action)と元の言葉を書いているところもあった。

拒絶理由通知書か。
それなら、意味が分かる。
大体一発で登録査定される特許ってそう多くもない。
最初の拒絶理由が来て、色々と検討して、意見書を書く。


期待していたのは、
イントロで中国の特許事情、特許状況。我が国からの中国出願。全世界に占める中国出願。等その中で、中国で特許を効率的に成立するためには、○○が必要である。
本日は、中国特許における拒絶理由対応について特化して説明する。

ということを期待していた。いきなり各論から入ったのでよう分からんかった。

何そんなことは、事前の紹介文で分かるではないか。
OAもそんなことは、この業界では、常識だ。
無料で来ているのに文句言うな。

と言われそうだ。

今日は、中国特許の専門家のセミナーだったのだ。
失礼しました。
と言うしかないか。

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】