FC2ブログ

さらば NHK 24スロット BSハイビジョン

いよいよ 2011年3月31日で、NHKのBS 3チャンネル体制が終焉する。

3月31日現在 BS-15 のトランスポンダーの割り振り

NHK BShi  24  スロット
NHK BS1    9.5スロット
NHK BS2   11  スロット
WNI        1.5スロット 天気予報やね。
Dpa        2  スロット ダウンロード用

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4月 1日から  BS-15 のトランスポンダーの割り振り

NHK BS1   23  スロット
NHK プレミアム 21.5スロット
WNI        1.5スロット 天気予報やね。移動はないんやね。
Dpa        2  スロット もう1スロットで十分では?

ということで、BS 3チャンネルと BS 2チャンネル化 では、
使用スロット数は、いっしょ。

ハイビジョンになるけど、画質は、単純に言えば、従来のBShiに比べて
23/24 の画質と 21.5/24 の画質になる。

天下のNHKが、BS日テレ、BS朝日、BS TBS、BS JAPAN、BSフジ WOWOW
より画質が落ちてしまう。

これは、残念だ。ほどんど、ショッピング番組しか流してない民放BSに24スロットは必要かなぁ。

NHKのBS放送の番組再編イメージ

詳しくは、総務省のホームページで。
日本放送協会の委託国内放送業務の廃止の認可及び日本放送協会の委託国内放送業務の認定

NHKさん。技研公開では、4K×2Kのディスプレイとかカメラとか22.2マルチチャンネル音響を前面に出しているのに、24スロットのBSハイビジョンからスペックダウンはさびしいです。

捲土重来は、適当ではないけど、なんとかBS1、BSプレミアム どちらも24スロットにしてほしいね。

アナログBSがおわると、BS-5は、そのままWOWOWがデジタル化する。
WOWOWは、24スロット 3チャンネル の放送スタートだよ。

計画停電の余波

計画停電

サーバー管理者からメールが来た。
品質データベース用サーバー 計画停電時の運用の案内

<当面の運用>
① 稼動時間:通常勤務時間のみ 8:30 → 17:00
② 停止時間:上記時間以外  17:00 → 翌日 8:30
 ※不測の停電によるサーバー破損防止の観点から電源オフとする。

<計画停電時の運用>
③ その時間帯は、予めサーバー停止とする
④ 計画停電によるサーバー停止の前に、関係者に案内メール発信
⑤ 計画停電終了後、サーバー再起動完了時点で関係者に案内メール発信

このサーバーには、バックアップ電源はないのでこの様な運用になる。
もっともイントラネットが動かなければ、サーバーだけ稼動してもアクセスできない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さらには、節電通達が出る。既に実行済みであるが、再徹底である。

昼休み
 ①屋内照明の消灯
 ②パソコンモニタ等の電源オフ
 ③プリンターの電源オフ
 ④複合機節電モード設定

就業時間内
 ①空調設定温度の順守(冷房:28℃、暖房:20℃)
 ②こまめな照明の消灯実施
 ③昼間の窓際照明の消灯
 ④ハンドドライヤー使用禁止
 ⑤洋式トイレ便座蓋を下ろして閉じる

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 因みに停電は、英語では planned outage とか rolling blackouts と言うようだ。

ところで、就業時間内について

① 空調設定温度でプログラム出来る様にすれば良い。
② これなんかは、既に廊下などは、人の検出で自動化されている。
③ 昼間の暗い部屋の中で、うつ病上がりの人が、食堂に行かずお弁当を食べていたりする。
  もう少し部分的にでも明るくすれば良いとおもうが・・・。
  ⇒ 社員食堂は、弁当の持ち込みがだめな訳ではない。
④ ハンドドライヤ禁止ならコンセントを抜いておけばいい
⑤ 一般トイレで便座蓋を開けるのは躊躇する。必ず水を流してからあけるなぁ。

「内田樹」さんの最終講義

「文学界」という月刊誌にヴォーリズ設計によるきれいな講堂の写真が掲載されている。
そこに、その講堂のある大学の教授、内田樹さんの最終講義が全文掲載されている。
ぜひ読むといい。
と知人のエスさんからメールをもらった。

内田樹さんって、確か村上春樹のことを書いている人ではなかったか?
別の知人の「にうエモん」さんから村上春樹に関心があるならこの本を是非とも読むべしと
メールをもらったことがある。

この講堂のある大学は、今話題の映画、「阪急電車」の舞台である今津線の沿線にある。

最終講義には、ヴォーリズ建築のことに多くを割かれているようだ。
ちょっと「文学界」を読んでみたいなと思った次第。


ヴォーリズ建築の講堂:西宮市岡田山にて

ヴォーリズ建築の講堂:西宮市岡田山にて


東芝、映像事業とPC事業を統合し地域別組織に再編

テレビは、放送を受信するだけの時代から、ネットから情報を得る時代になっている。

テレビからネットを攻めていくのか、ネット接続は当たり前のPC側から高精細動画を攻めていくのか?

テレビのシェアもPCのシェアも一定以上の東芝であれば、IPテレビを攻めるには、デジタルテレビ+HDD録画機 と PC事業のコラボレーションが具体化しやすい。

これは、賢い選択であろう。ディスプレイをやっていない東芝のテレビ事業は、ソニーやその他のテレビ事業とは異なり、黒字化していると聞く。

家庭内にAVサーバーを構築するか、あるいは、NHKのアーカイブや映像情報サプライヤーのサーバーに接続するか ユーザーによって異なるであろう。

しかし、AVPCメーカーは、ユーザー及び市場にきめ細かく対応し、色んなユーザーのニーズに応えていくべできであろう。

最近の東芝は、フットワークがいい。今回の組織統合と再編のアウトプットが楽しみだ。





東芝のプレスリリース

H&M 続き

流通ニュースによると、H&Mジャパンは、首都圏の店を閉店し、本社機能を大阪に移すという。

と書いたが、臨時閉店は解除され、本社機能も元にもどしたようだ。

流通ニュース0324

H&M アナウンスメント20110324

H&Mのロゴは、個性的でビビッドな感じがする。

H&M

元々は、建物のブランドロゴとポスターのブランドロゴが、うまくリンクしていると思って写真を撮った。
地震が、発生するなど努々(ゆめゆめ)思っていなかったのだ。

東京初上陸 フェルメール 地理学者 : 美術館・博物館 003

THE BUNKAMURA ミュージアム

何故か、せっかく入力したのに消えちゃったよ。

写真だけ再度入力。
コメントはまた明日。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ゴジラであるまいし、東京初上陸とは。

文化村の垂れ幕。

フェルメール展 4


文化村のエントランス
フェルメール展 1


フェルメール展の入り口の案内を兼ねたポスター。
フェルメール展 3


ポスターだけを写した写真。
フェルメール展 2

ハゲタカ (テレビドラマ)

NHKのハゲタカというテレビドラマは、何度目も再放送されている。
今週末もNHK BSハイビジョンで再放送されている。

何度見ても、ぐいぐい引き込まれる番組だ。色々な賞を受賞しているのもうなずけることだ。

特に興味あるのは、大空電機が出てくる第4回から第6回だ。

大空電機の構内が、空撮で紹介されるシーンが出てくる。

これは、当時藤沢市辻堂元町6丁目にあった松下冷機、湘南松下エコ、松下電器(藤沢テレビ)の工場群だ。

これらの工場群の閉鎖については、プレスリリースされている。

プレスリリース 松下冷機

プレスリリース 湘南松下

プレスリリース 藤沢テレビ

グーグルで 藤沢市辻堂元町を入力し、地図を検索する。
そして、航空写真を選択する。
するとまだ、大空電機 もとい 旧松下グループの藤沢工場群の写真がまだ残っている。

ところで話は変わる。
毎年、1月2日と1月3日に、箱根駅伝が実施される。
この時の藤沢中継地のカメラの位置が、旧松下冷機の工場跡構内だと思われる。

今年、2011年1月2日の日本テレビ系列の放送を見ていた。
クレーンカメラと思うがかなりの高度から藤沢の富士見橋あたりから江の島までを写している。
工場跡は、ほぼ更地になっていた。


さらに話は変わる。
今年、2011年2月10日、テレビ東京系列の「空から日本を見てみよう」が放送された。
今回は、横浜から熱海までの東海道本線だった。

空から日本を見てみよう

これも録画していたものを見た。

藤沢駅を過ぎて、左手に鵠沼(くげぬま)小学校、右手に湘南モールフィルが見えてくるあたりから

ナビゲータの くもみ と くもじいの会話が始まる。

くもみ 
「あっ 左手に
 大きな空き地がありますよ」

雲じい 
「ここは、昔 パナソニックの
  工場があった場所じゃな。


今後、一戸建て住宅を
中心にした ⇒

再開発が行われるらしい。」

と説明している。

もう昔になってしまっている。

ハゲタカでは、松下幸之助をモチーフにしたと思われる大木昇三郎を登場させ、
一方で、旧松下グループの閉鎖間近の藤沢地区を大空電機に見立てている。

何か出来過ぎの気がする。

あの地区で働いていた1000人ほどの従業員とその家族はどうなったんだろう。

ハゲタカの再放送を見るたび、別の見方をしてしまう。

島原 具雑煮

前のブログ(以下をクリック)で島原鉄道の写真を掲載した。

週刊東洋経済 と 週刊エコノミスト 鉄道特集 その2

島原鉄道の車両を写した島原駅から歩いても10分足らずの所に姫松屋がある。
島原城の堀の南西の角あたりに位置する。
島原市立図書館の北側を西に向かって進んでぶつかったあたりにある。


ここの一押しは、長崎県島原地方の郷土料理、具雑煮である。


島原 1

さてどんな料理かな。
ふたを開けるとこんな料理です。郷土料理です。はっきり言えば、田舎料理です。
しかし、それが郷土色を醸し出し、島原ならではの郷土料理となっている。

元々雑煮は、雑多のものを煮るもの。さらに具を増やして具沢山にしたのが、具雑煮と言える。

姫松屋のホームページから引用。

島原の乱の時に、天草四郎が原城に籠城した時に
 「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。この「具雑煮」の由来は、寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。

島原 2


姫松屋の外観。
ロケーション的に看板と店の玄関を一枚にできなかった。

島原 3

島原に行くなら島原城と島原郷土料理の具雑煮これは必須だと思う。

具雑煮を食べながら、島原の乱に思いを起こすのも一考だと思う。


※ 2011/4/30 一部修正と追記

下北沢のおいしい定食屋

下北沢で夜、和食の定食が食べれるところを教えてとメールした。

すると南口側に降りて三井住友銀行の前に千草という店があって、ネットでも人気があるみたい。

という返事が返ってきた。

で行ってみた。

お店の前の写真。

気軽に入りやすい感じの店だった。
実際に入ってみてもそんな感じの店だった。

下北沢 1

さて、何にしようかな。

豚肉の生姜焼き、焼き魚系、焼肉系・・・。

煮込みハンバーグ定食のメニューが写真付きで、壁に貼ってあった。

下北沢 2

煮込みハンバーグ定食に決めた。
お茶を持ってきてくれたおばさんに注文した。

持ってきてもらったのがこれだ。
和風ハンバーグだ。自然食の定食屋さんをなのるだけのことはあります。
ヘルシーなハンバーグでした。おいしくいただきました。

下北沢 3

店に入ったのは20時20分頃でだった。
そんなにぎゅうぎゅうに混んではいないのだが、お客の回転は良いので、流行っている印象を受けた。

つーさんの後に来た30前後のサラリーマン風の人は、サバの定食に肉じゃがを一品追加していた。
常連さんの様だ。


メニューの種類が多いので毎日来ても、飽きないだろう。

ホームページがあった。

下北沢のおいしい定食屋「千草」

H&M

流通ニュースによると、H&Mジャパンは、首都圏の店を閉店し、本社機能を大阪に移すという。

流通ニュース

地震の前日、渋谷店の写真を撮っている。
ポスターと店舗に示されたH&Mの赤いロゴマークが印象的だったからだ。

H&M 1

H&M 2

H&M 3


確かに計画停電がグループ分けして実施されれば事業を行いにくいという課題がある。
また、いつ停電するのかわからないというリスクもある。

計画停電。原発の事故。放射線汚染が政府から発表される中、H&Mの様に臨時的にせよ本社機能を
西日本に移す動きはこれからも出てくるだろう。

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】