FC2ブログ

ガンバ新本拠地

DSCN7215_01.jpg

DSCN7219_01.jpg

DSCN7222_01.jpg



DSCN7222_01.jpg



DSCN7226_01_201512300134050ce.jpg

DSCN7227_01.jpg


具沢山ラーメン

所用で出かけた時、昼時になった。

ダイエット中につき、軽く昼ごはんを済ませる事にした。

近所にショッピングモールがあったので、そこに入ってみることにした。

彼等の後をついていくことにした。別にストーカーではない。


彼等の行き先は、いわゆるフードコートだった。

子供連れか年配の一人客が多い様だ。

値段は、500円程度。ましなものでも、7、8百円程度だ。

野菜ラーメンなるものを見つけた。

スーパーでも売っていそうな中華麺にとろみをつけ、

白菜を主とした野菜が麺の上に焼き豚の様なものが一枚乗っている写真が掲載されている。

こてこてのラーメンより、野菜主体のあっさり系ラーメンで良いと注文する。

職権を買うと、番号が書かれたブザーのようなものを手渡される。

ここのシステムが分かってないので聴くと、

出来上がるとブザーが鳴るので取りに来てね。

ということらしい。

その間に席を確保しておけと言うことだろう。

社員食堂の様にずらっとイスとテーブルが並べられていて、適当なものを置いて、ここ確保と言うところだろう。

他にもいたスーツ姿の一行は、ハンカチを置いてた。

当方も適当なものを置いて、座っていても仕方がないのでラーメン屋の渡し口の前あたりで、待っていた。

13番のブザーがなって、ラーメンが出来上がってきた。

13番というのが、良くない。

四苦八苦 = ( 4 + 9 ) + ( 8 + 9 )
       = 13 + 17
       = 40

4 + 9 = 13


時間がかかるのは、窓口とは別の女性が、麺をゆでているからだ。

窓口の女性、おばちゃんは、ラーメンをトレイに乗せて渡すと、
箸とコップを持って行くようにと言う。

爪楊枝も置かれている。

ここで、箸を確保し、テーブルの中におかれている給水器から
コップに水を入れることになる。
肝心のお味は、値段相当のものだ。

ハピルスの管理栄養士のおばちゃんにも言われている様に
ラーメンのスープは、残せを守っている。

とろみの効いた白いスープの中に沈んだ具を取り出していると何か変なものが出て来た。

ビニールの様な透明のプラスチックの破片だ。

少量の生姜とかが、入れてある袋より少し厚めだ。

野菜沢山、大きめのビニールの破片も入った具沢山ラーメン。


長さ5cm、幅2cmには収まる代物だ。

渡し口に、トレイに乗ったラーメンの器を持って行くと
おばちゃんは、返却口に出してくださいと言う。

そこで、こんなのが入ってたけど、と透明のプラスチックの破片を示す。

まさに、その時おばちゃんは、野菜が入っている透明のプラスチックをハサミで切っているところだった。

それが、入ってたよ。

おばちゃん恐縮して、申し訳ない、返金します。と言う。

家なら嫁さんの髪の毛が入っていても文句は言えないが、
(実際のところそんなことはない)
ここでも特にクレームを言う気もなかった。

しかし、おばちゃんは、返金させてもらいますと言う。

別にどちらでも良かったのだが、小さい子供が沢山いる中、
この様な破片が、子供の口に入ると大変だ。

この店の人たちを啓もうする意味で、ペナルティとして、
返金を受けることにした。

おばちゃんは、両手で私の手を包むようにして照れ笑いをしながら返金した。

これは何の問題なのだろう。

品質管理か、
衛生管理か、
CS(カスタマー・サティスファクション)か、
社員教育つまり人質(じんしつ 人の質)か
愛知県系のラーメン系列店。
一店員のミスは、
店のミス、
チェーン店のミスと言う琴だ。



続きを読む

笑点 芝浜

12月27日の笑点の大喜利は、大笑いできるものだった。

二問目で、林家たい平が芝浜を持って来たのは、大いに笑えた。

しかし、本人も言うように、

芝浜と言う落語を
意外とお客さんが知らなかったから
受けないだけなんだよ

と言うことだと思う。

三遊亭円楽が、
もっと 江戸前にやれよ

歌さんも、
江戸前に
と言ってたけど、そうすれば受けたのかなあ。

芝浜は、先代司会者の先代三遊亭円楽の十八番だった。



笑点ファンなら知っててほしい。



その後笑えたのは、
第三問目に入った時に約一名、まだかつら=ウィッグをした人が居たこと。
札束の上下にセットされた一万円札に、気が行ってて、
1人、ウィッグ かつらを付けたままだった。

ここは笑えた。

約一名は、腹黒で有名で、TBSの年末スペシャル番組の「赤めだか」にも出ていた人だ。


年賀状全て投函済み

嵐の5人が歌っていると言う訳ではないが、
25日と一日遅れの26日の一両日で、書き終えた年賀状を
郵便局に出してきた。

やっと落ち着けると思ったら、もう年末であわただしい。



いかりスーパーは、5000円お買い上げで、高級カレンダーを一部、
関西スーパーは、500円お買い上げできれいな用紙で作られた食べ物の
情報満載のカレンダーを一部提供してくれた。


日経おとなのOFF 1月号

毎年、日経おとなのOFFの1月号は、美術展特集号となる。
1月号は、12月に発売されるので、翌年の美術展を特集する。

いつもは、Amazonで購入することにしている。
ちょっと多用につき注文するのが遅れた。

それでAmazonにアクセスすると、定価での販売がなくなっていた。
いわゆる出品者からの販売になるものに切り替わっていた。
これらは、大体はプレミアムを上乗せしているので、ちょっと損した気になる。



ね。
税込み価格が780円だけど、1,169円と400円ほど高くなっている。

本屋さんで雑誌をあまり買いたくない。

理由は、はっきりしている。

1) 買いもしない客が、ぞんざいに扱うので、裏表紙側に変な折り目がしているからだ。

2) 平台にカバンを置いて立ち読むするく非常識な客、(客と呼んでいいのか)がいる。
    例えば、スーパーの生鮮食品の上にカバンを置くか?
    パン屋さんの焼き立てパンの上にカバンを置くか?

3) 立ち読みせずにテーブル席でじっくり、本が選べると言う本屋がある。
    買わない客が、新しい雑誌を数冊持ち込んでじっくりと読んでいる。
    そんな雑誌を買いたいかい?

と言う訳で、本屋さんで雑誌は、買いたくない。
しかし、今回は、止むを得ない。
ショッピング・モールの本屋で日経おとなのOFFを捜してみた。

かろうじて、一冊だけ残っていた。

12月4日に発売された雑誌を12月22日に買おうというのだ。
ちょっと間違っている。
週刊誌ならとっくに次の次の号に切り替わっている。

かろうじてあった一冊は、裏表紙が、立ち読むの形跡があったものの
比較的ましな状態だった。

やむなく購入した。

若冲A5クリアファイル
名画カレンダー、
持ち歩ける美術展ハンドブック(ちょっとでかなりすぎた以前のサイズが良い)
と三大付録は美品状態だった。

表紙は、特に傷はなくルノアール、ゴッホ、若冲の絵を見ることが出来る。

最近、御舟を見たり、琳派を見たりして日本画の良さに目覚めた。

来年は、黒田清輝生誕150年で、黒田清輝展が、東京国立博物館で開催される。

え、京都文化博物館で開催されたばかりでは、と思ったが・・・。

当ブログでも紹介した。
黒田清輝展 
(クリックするとリンク先を展開)

今度は、東京・上野で湖畔や智・感・情を見ることが出来る。

――――――――――
サライも似たような企画をしている。






森野落葉氏 発表会

東ブログに初登場した森野落葉さん。

コルネットが10本!(クリックするとリンク先を展開)

コルネットが10本!  その2(クリックするとリンク先を展開)

最近、発表会があったようだ。

当方の作品が展示される会、市民展示会(仮名)には、遠路来てくれたのだ。
ありがたいことだ。

お返しと言う訳ではないが、森野さんの発表会に是非とも行きたかったのだが、
既に終わってしまったようだ。

演奏したのは、日本語に訳すと
あの優しい気持ち
と言ったところだろうか。

この曲を調べたけどなかなか見つからない。

大阪弁チックに言うなら、
必死のパッチで調べたら、YouTubeに1件アップされていた。

アクセス数は、310回ほどだ。

もっとも、静止画が一枚で、演奏のみが流れているという感じだ。

編成は、ピアノトリオにクラリネットが乗っかったと言う構成。
ソロは、クラリネットだ。

クラリネットのソロと言えば、ベニーグッドマンあたりを思い出す。



森野さんは、バグラーではなかったか?

つまり木管ではなく金管、それもラッパ、トロンボーンの様なスライドで音程操作するものではない。

森野落葉というのも仮名だ。
もりのらくよう とは読まない。 
無理から「もりのらっぱ」と読ませる。

どこかのレッスン会場で、インストラクターに対する
発表会だったのかもしれない。

どこかの山の森の中で、ラッパを練習する音が聞こえてきたら
森の人、オランウータンこと森野落葉さんかもしれない。

御承知の通り、オランウータンは、マレー語で森の人と言う意味だ。



どうも落ちが見いだせないままに、眠くなってきた。

森に居るのに、オランウータンは、何で?
オランユータンは、何で?

たまに、でも定期的に笑点に呼ばれる上方の漫才のダブルヤング、ダジャレ程度だね。

クリスマスに聴くCD その3

小野リサ、ラス・フリーマンのCDが登場した後、
次に引っ張り出すのは、ケニーGのアルバム群だ。




クリスマスに聴くCD その2

これも入手が難しいかもしれない。

ラス・フリーマンのホリデイだ。
Russ Freeman : Holiday



ラス・フリーマンのギターテクが、耳に心地よい。

ラス・フリーマンから入ったのではなく、リッピントンズから入ってこのアルバムに行きついた。
昔、むかーし FMファン誌が、紹介していたのを覚えている。
と言うくらい昔に発売されたホリディ・アルバムだ。

GRP Records から 1995年に発売された。

このアルバムで一番気に入っているのは、

アルバムタイトルでもある Holiday と言う曲。

その次は、My Favorite Things と言う曲。
何で、Sound of Music のジュリーアンドリュースの名曲が、
収録されているのか。

この曲が入っているおかげで、アルバムが締まっている印象を受ける。

ここら辺を聴くと、Angela を聴きたくなってくる。
このブログでも紹介済みだ。

Angela アンジェラ(右をクリックするとリンク先を展開)



――――――――――




クリスマスに聴くCD その1

クリスマスに聴くCD。

つーさん工房のCD棚から、
最初に引っ張り出したのは、小野リサのボアス・フェスタス。

初回限定の紙ジャケット仕様のもの。

DSCN7287_01.jpg

ボサノバのウィンターアルバムと言う位置づけだ

ボサノバだけど、乗りの良いアップテンポの曲があり、訊いているだけで楽しい気持ちになってくる。

2000年の7月から8月にかけて東京で録音されたアルバムだ。

レコード会社は、今は懐かしい東芝音楽工業の発展形の東芝EMIだ。

今では、ほとんどのレコード会社が、ユニバーサル・ミュージックになってしまった感がある。

このアルバムの後、第2弾として局の数がやや少ないミニアルバムが発売された。

今は、2枚組になって発売されている様だ。



――――――――――
最新のアルバムならこれ。

テイク・ファイブのボーカルって珍しい気がする。



大空に賭けた男たち

初飛行に沸くMRJの方が、マスコミ受けはいい様だが、
残念ながらまた、納入時期を先送りした。
形式証明を取るのは、なかなかハードルが高そうだ。

一方、ホンダジェットは、つい最近FAAの形式証明を獲得した。

DSC_0113.jpg


長い30年を経ての成果だ。

日本経済新聞で、本書の宣伝が有れば見落としてないと思うが、
記憶にない。

本書は、別のルートで見つけた。



一般的に、飛行機の本って、ドンガラ、つまりは機体が中心になるように思える。
しかし、本書は、ジェットエンジンの開発からスタートする。

そう知ってる人は知っての通り、ホンダジェットは、機体そのものとエンジンの両方をホンダで開発している。

もちろん、ホンダは、なかなかしたたかで、航空機で先行するアメリカのノウハウを吸収するために、
GEの協力も得ているし、航空機に詳しいアメリカ人スタッフを多く抱えている。

と言うのは、NHK等のホンダジェットの特集番組で仕入れた知識だ。

当ブログもずいぶん早い時期に、ホンダジェットを紹介している。

ホンダって飛行機作ってるの?

2011年2月1日にアップ。
そこで使っている写真は、2006年9月に国立科学博物館で撮影したもの。

類書











キーワード:













Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】