FC2ブログ

割岩

久々の割岩。



ここを通れない人は多分太り過ぎだろう。



先行者は難なく通過した。

下山する三人組のおばさんに道を譲ってあげた。
最初のリーダー格のおばさんは、スッと通過して来た。
でもなかったか。
当同行者は、リュックを取ってあげるなど
サポートしたので、スッと抜けただけのことだ。
後の2人のおばさんは、荷物が軽い分だけ、
スッと通れた。






せぇみしよれ 蝉しぐれ ではなかった。

普段は、ビールかワインを主として飲む。
冷蔵庫には奄美大島のお土産としてもらった
奄美黒糖焼酎 せぇみしょれ。
お酒を召し上がれ
と言う意味の奄美大島の方言だそう。

【せぇみしょれ のボトル】

※ 横のグラスに入れて飲んだ。

飲み方はどうしたらいいだろう。

ストレート?
アルコール度数25度だから
ビールのおおよそ5倍
ワインの2倍
と高い。

焼酎の飲み方の1位は、
美味しい水での水割り。
とネットで読んだことがある。

鉄管ビールでの水割りではなく
ミネラルウオーターでの水割りで
飲む人が多いそうだ。

※ 鉄管ビール 当ブログ記事を参考のこと

鉄管ビール(クリックするとリンク先を展開)

今は、おいしい水 六甲で割って飲んでいる。
ミネラルウオーターはこれと、
サントリー 奥大山の天然水。
南アルプス天然水は、見かけないので買わない、
というか近所のスーパーでは扱ってないので買えない。

――――――――――
FYI 
ミネラルウォーターは防災用に買っている。
6本をバッファーにして FIFO方式で 最初に買ったものから飲んでいる。






――――――――――
アルコール度数が高いので、ちょっと回ってきたかな。
焼酎は悪酔いしないので、まあいいか。


奄美大島は、まだ行ったことない。

伊丹か那覇に向かう飛行機から見たことはある。
CAが、
「奄美大島の上空を飛行しています」
という趣旨のアナウンスをしたので窓越しに見たことがある。

――――――――――






オッチャンばっかりや!関スパの店長!

関西スーパー、略して関スパの今日の折り込み広告を見たおばさんが言ってた。

今日の関スパの広告見た?!
全店の店長の写真が出てたけど、
男ばっかり!
オッチャンばっかりやん。
女の人、一人もいてない!

そうなんや。

関スパウォッチャーでもないけど、
関スパの折り込み広告を入手した。

【関西スーパーの店長は男だけ】
fc2blog_20161126194651a07.jpg

fc2blog_20161126194754466_20161128120014e74.jpg

これがエビデンスだ。
ホンマやオッさんばっかりやん。

昼間のレジはオバちゃんが多い。
それでおばちゃん店長もそこそこいると思ってたら
全然、居はりません。

この情報流してくれたお姉さんは、キャリアだから
おっさんばっかりが異常に思えたのだろう。

つまり関スパの宣伝、折り込みは、

関西スーパーは女性の店長が皆無!

をオープンにした事になる。

つまり女性が店長としては、評価されない企業?
ということをオープンにしたことにつながるんじゃないか?
glass ceiling ガラスの天井は、低そうだ。
つまりすぐにぶち当たる。

逆効果になるんじゃないのかなぁ?

いかりスーパーやcoop、ライフ、地元マルハチやオオジのシェアが上がるかも。
良かれと思っても、人によっては不信感を持つだけ。
考えなしの広告は逆効果だよ。

2016年10月27日 - 関西スーパーマーケットと資本業務提携契約を締結したエイチ・ツー・オー リテイリングは、
どうなんやろうか?

と当のお姉さんは言ってるけどどうなんだろうね。

――――――――――







――――――――――




ラッピング電車

古都と描かれたラッピング車両。
電車から降りて人の切れ目を縫って、
スマフォのカメラを立ち上げて撮影。



ことさらに古都を強調している。

光明寺

光明寺の紅葉は、観光バスで大量に観光客が
訪れるくらい有名だ。

2、3年前に里山歩き会で訪問したことがある。
今回は、2回目の訪問だ。

今回は、阪急電鉄の西向日駅から徒歩で、
ウオーキングで、向かった。

この界隈は西国街道歩きで、歩いたことがある。
光明寺へは西国街道を横切って進むことになる。

光明寺では多くの寺男・寺女が歓迎してくれる。

先週、神戸森林植物園、再度公園の紅葉をみた。
🍁
そちらの赤の方が圧倒的に鮮やかだった。
それは高度差によるものだろう。



ほぼ平地にある光明寺と高度400メートルにある植物園と公園とは異なるだろう。

航空ファン2017年1月号

航空雑誌の世界では、もう2017年だ。
航空ファンの2017年1月号が11月21日に発売された。お取り置きの本屋で発売日に速入手した。



エアフェスタ八尾、岐阜基地航空祭、神戸ポートターミナルでのレストア飛燕の展示、それに奈良・平城宮跡でのブルーインパルスの飛行展示と集中して航空ファンしたので、航空ファン1月号ではどの様に報じてくれるか
興味津々だ。

エアフェスタ八尾は、紹介されない場合も多い。
本ブログでも、紹介した様に今年は、ロングボウも来なかったし、OH-1も居なかった。
UH-60JAもご多忙か不在だった。
でも、今号では121ページに掲載されている。

岐阜基地航空祭については、定番の異機種大編隊の写真が二枚掲載されている。
入間基地は、メイン会場は順光だ。
ブルーインパルスのファンブレイクなどの撮影も
青空背景で撮影できる。
岐阜基地ではメイン会場は終日逆光。
順光写真を撮りたければ南側に行くしかない。
38及び39ページの異機種大編隊は、南側からの撮影だ。

さて文林堂/航空ファンもバックアップしているレストア飛燕の記事がないぞ。と思って探してみると、
70~71ページに掲載されていた。

そして航空ファンのイベント情報には出てなかった
ブルーインパルス30年ぶりの奈良上空での飛行。

航空自衛隊幹部候補生学校のある奈良基地60周年を飾る平城宮跡上空でのブルーインパルスの飛行。
これも42~43ページに掲載されている。
43ページの上の写真の集団の中に小さく写っているかも知れない。

この写真なら負けてないな。と思った次第だ。
でもサクラを魚眼レンズを使って写そうと言う発想はなかった。

1月号には、つーさん工房写真室写真班が取材した
4つのイベントが掲載されていた。

満足、満足。

ただし、表紙の写真がイマイチだ。
タイフーンその機首の前に日章旗とユニオンジャックが
立てかけられている。
しかしなぁ、なんか迫力ないんだわー。もう少し引いた方が良いと思うが、ローケーションの制約があったのかも知れない。
タイフーンの特徴とも言えるカナード翼が見づらく
また特徴的なインテークも赤い覆いが掛けられている。
グラビアの写真が中々の迫力なので
こちらの写真の方を表紙に使えなかったかと思う。




ゴードン・パークス

ゴードン・パークス



ゴードン・パークスってこの本を読むまで知らなかった。
黒人のカメラマンとして頭角を現して、大成した。
黒人として人種差別にショックを受けてそのことを写真を撮ろうとして、
アメリカン・ゴシックという写真作品を生み出したことと無関係とは言えない。

調べていくとゴードン・パークスのアメリカン・ゴシックは、
グラント・ウッドという作家の作品のパロディということが分かった。



15人目の子供として生まれて、ピアノを弾く才能があり、カメラマンとして頭角を現し、
映画監督としても成功した。
多彩な才能の持ち主といえる。

彼が7ドル50セントで買ったカメラは、蛇腹式のものだった。
その後は、ニコンの一眼レフを愛用したようだ。
絵本の扉絵は、ニコンの一眼レフ、仕事をもらってからの絵で構えているのも
ニコンの一眼レフだ。
本書では、ニコンのカメラの絵が何枚も出てくる。

ゴードン・パークスは2006年に亡くなっている。
カメラ好きとしてもこの人に関心を持った。
もう少し時間をかけて掘り下げてみたい。


カテゴリー 書評 書籍紹介 の一覧(クリックするとリンク先を展開)

続きを読む

リリイベ その3

湯河原氏が行きたがってたのは、
森ノ宮のキューズモールの特設会場だった。

塩ノ谷-早耶香だったかのリリースイベントの街角ライブに行きたかったようだ。

---------- 引用☆開始 ----------

来週なら日曜日に森ノ宮で塩ノ谷さんが...
(貴君は落語家と考えているので、一度聞くべきである)

---------- 引用☆終了 ----------

塩ノ家鞘歌 って落語家にいそうだよ。

月の家圓鏡、三遊亭 圓歌、橘家文左衛門/文蔵、林家正蔵、柳家 さん喬

コアなファンなのではないので、どんな人物か全く知らない。

Amazonでは、新作を紹介している。




最近別件(リリイベなどではなく)でこの界隈に出没する機会があった。
夜だったけど、スマフォ(smapho)で写真を撮った

【森ノ宮キューズモール特設舞台】


――――――――――
ブログ過去記事

リリイベ(クリックするとリンク先を展開)

リリイベ その2(クリックするとリンク先を展開)

松方コレクション展

神戸港開港150周年プレイベント
川崎重工シリーズ その2。

レストア飛燕に続いて松方幸次郎コレクションの展覧会
松方コレクション展に行った。

会場はゆかりの地、神戸市立博物館。
関西の美術館・博物館を代表するものの一つだ。

【神戸市立博物館 表玄関 向かって右側の大きな看板】


【切符をもぎれられてフロアーへ】


【カメラを少し左にパン】

松方幸次郎が、構想していた共楽美術館の図。
享楽と発音が同じなのが・・・。

【3階の入場口】

  神戸市立博物館は、1階から3階まで階段を使って上がる。
  体の不自由な人や、足腰の弱い人のためにエレベータがある。 
  国立新美術館の様にエスカレータはない。

そんなことより、さあ、楽しみ、楽しみ。
お目当ては、ロートレック、ピカソ、モネあたり。
入り口は、コレクション展の主、松方幸次郎の肖像画、その両親の各々の肖像画、使用していたステッキ、
そして川崎重工の創始者川崎正蔵の肖像画が出迎えてくれる。
レストア飛燕の展示より創始者、初代社長の個性が強調されている。

旧陸軍三式戦闘機飛燕(ひえん)を見に行こう(クリックするとリンク先を展開)

コレクション展と言えば聞こえはいいが、
悪く言えば寄せ集め展になる。
一人の画家の回顧展や印象派展、琳派展など方が、
まとまりが良く見応えがある。

よってコレクション展は、ある程度的を絞って鑑賞するか、
主催者側が意図した展示順を理解して鑑賞するか。

何故か神戸市立博物館の会場監視役の一部のおばちゃんは、
見やすいところから見てください。
と盛んに言ってた。
余計なお世話だと思う。フェルメール展ならいざしらず。
ここは動物園か?と思ってしまう。
同じ神戸市立の王子動物園から応援に来てるのかもしれない。


例えば、ロートレック展ならこれがよかった。

サントリー美術館開館記念特別展 ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて サントリー美術館



正直なところ無知もあるのかも知れないけど、
知らない作家も結構多い。

突然ドニの絵が現れたり、コローの絵が現れたり……。

ドニだよ。

って山田五郎が、ぶらぶら美術・博物館で言ってたのを思い出した。

モーリス・ドニの「字を書く少年」は国立西洋美術館蔵。

最後は、良くぞ買い戻してくれたと思う浮世絵群。
歌麿、北斎。

最後の最後は、川崎重工の紹介展示。
「川崎って飛行機造ってたんや」
という航空ファンからすると目出度い方々もおられる。
失礼。 (^_^)
「今も造ってるで。各務ヶ原で。」
と無言で言っても仕方ない。

ロダンの作品を始めとして、国立西洋美術館やその他の美術展で観たことのある作品も有った。

図録を買うかちょっと迷ったけど、
個々の作品の所属などを後で確認するための資料としてお買い上げだ。
2500円なり。

――――――――――






ロビンソン でランチ

神戸でランチするなら旧居留地にあるロビンソン。

ロビンソンといっても、ススキノにあったデパートではない。





ここは、何度も焼き立てのパンのお代わりを美人のお姉さんが持ってきてくれる。

京都・烏丸のロビンソンも同じサービスがある。
あちらは、床の軋む音が、少々耳障りだ。

パンは、やはり神戸の方が、美味しい。
京都の方が物価が高いから、コスパに影響を及ぼしているのかも知れない。

出来れば、込み始める少し前の11時45分くらいまでには、入りたい。






Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】