FC2ブログ

気を付けて! アップルを騙るニセメール フィッシング詐欺

こんなメールが来てた。

─────
---------- 引用☆終了 ----------

警告!!:あなたのアカウントは閉鎖されます。

Apple をご利用いただきありがとうございますが、
私はあなたのApple ID情報の一部が欠落しているか、
誤っていることをお知らせしたいと思います、
アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、
アカウント管理チー ムによってアカウントが停止されています。

注:私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合、アカウントがロックされま す。

<*****recvery-protection-apleid-app1e.***/>アカウント検証

---------- 引用☆終了 ----------
─────

誤操作しないように、***でガードしてます。

アップルのアルファベットは、apple だけど、
よく見てみると このニセメールでは app1e となっている。

l (エルの小文字) が 1(アラビア数字の1)になっている。

日本語も少しおかしい。

こんなニセメールを通過させる eo も問題だ。

多分ここにアクセスすると大変なことになるのだろう。

これは、フィッシング詐欺の手口だろう。

ご用心。ご用心。

このメールは即消しました。

他にも似たようなのが来たことがある。

アップルのアカウントが停止されたと言う。

ただし、アップルストアからのインストールは出来ているので、
インチキメールだと分かる。

ご用心。ご用心。

apple 偽メール 引っかかる

グーグル検索すると、この様な事例がたくさん出てくる。

ご注意。ご注意。




脚立を購入。 セノピー39 SENOPI39

高さ39センチメートルの脚立を使っている。

しかし、経年変化による劣化で、ひび割れてきた。

この種の脚立は、コーナンの脚立に飛び乗って壊れたとかで、リコールの対象となった。

コーナンは扱っていない。
ロイヤルに行っても、例の一件以降扱っていないと言う。

まりこさんやしんじろうさんは、ホームセンターのVIVAを勧める。
品揃えが多いのが、おススメのポイントなのどそうた。

そこに件の脚立が置かれていた。

これだ。





色々と検討した末に、お買い上げ。

帰宅後、調べてみると、同じものだった。





じゃまたヒビが入ると困るなぁ。

でもよく見ると、少し違いがある。



踏み台の裏側が、補強されている。

旧タイプは、踏み台の補強がなく、
ヒビが入っているのが分かるだろう。



高さは同じで幅広タイプはこちら。






ブナシメジ・ベーコンソテー

何かのテレビ番組で紹介されたブナシメジ・ベーコンソテーの料理。
ベーコン・ブナシメジソテーだったかもしれない。
ソテーって何?

バター炒めだと聞いたけど、そんなものだろう。
肉と野菜をバター乃至油で炒める料理と認識している。

いつか作ってみようと機会をうかがっていた。

今がその時。

これが出来上がり。


つーさん工房風ブナシメジ・ベーコンソテーの図


このブナシメジは、博多ブナシメジ。
ベーコンは、関西スーパーで購入。
添えたものは、coopのミックスベジタブル。
ゴーンと、人参の角切りと、グリーンピース。

これらをバターであえて、レタスの上に乗せた。

十分に食べる事ができる。

レパートリーが、また一つ増えた。

バターは、雪印なり。






反省

盛り付けももっと丁寧にすべきやね。

いや、ソテーない、ソーテーない、想定内!!

マルヨン 706 登場

静岡発地域ドラマ プラスティック・スマイル
という番組名をEPGで見つけた。

当然ながら、静岡ならプラスチックモデル、
長谷川、田宮の開発物語を期待する。

出来れば、航空ファンとしたら、
ハセガワの航空機プラモデルに関するものを期待する。

もちろん録画設定。

ニュースやスポーツ番組以外は、
リアルタイムで見ることはない。

NHK means News Hot Korea.

と揶揄されているNHKのニュースも
録画して見る場合が多々ある。

偏向と思しき部分は早送り。

閑話休題

録画した番組を早送りして見ると、
どうもフィギュア系のモデルの話の様だ。

ももクロの百田夏菜子が出ている。
後は知っている俳優がいない。



さらに早送りしていくと、
マルヨン登場。

マルヨンとは、F-104J/DJのこと。



最初に聞いたのは、岐阜基地航空祭で地元の航空ファン複数がその会話で使っていたのを聞いた時かな。

いつからそう呼ばれているのだろう?

エフヨンに対してか?

ファントム導入前か後か、
調べたけど分からない。

兎に角そのマルヨンがどこかの屋上に置かれている。

多分、ハッタリでなくともハセガワの屋上だろう。

シャークトゥースで舌を出した、かっこいいマルヨンだ。
機番は、706。
正確には、76-8706だ。

最初の7は、導入年、
次の6は、機種、現役機ならT-4、
ハイフンは飛ばして
8は、戦闘機、
706は、製造番号。

機体は、第207飛行隊の塗装で、
0の部分が梅から南十字星に変更になったもので、
那覇基地に所属していた時のものだ。

塗装は、1984年の戦競、戦技競技会の時のものだ。

なんて事を、ブログに書こうと思うほど、
このシーンは、インパクトがあった。

最初に飛行しているマルヨンを見たのは、
小松基地、その後は、岐阜基地の航空祭、
更には007のタッチアンドゴー訓練。

一番最近見たのは、レストア機ではなく用途廃棄のマルヨンで、
奈良基地構内に展示されている。
ゲートガードの役目は、F-1に譲っている。

奈良基地にて つーさん工房特派員撮影
DSC_8459_01.jpg


マルヨンの出る映画は、ゴジラの映画がある、と思ったら実は一本もないそうだ。

しかし、やっぱりライトスタッフのチャック・イェーガーの搭乗する西ドイツ空軍のマルヨンがいい。

もちろん米軍のNF-104Aとしての設定だが、実際は、F-104Gが使用されている。
垂直尾翼の後部の形状を見たらすぐにわかる。

アメリカで訓練用に用いれらているドイツ軍機を転用している。



チャイコフスキーのバイオリン協奏曲に似たエンディング曲と共に、印象に残っている。


久々の叡山電鉄

久々に叡山電鉄に乗車した。
前回は、出町柳駅から岩倉具視ゆかりの岩倉駅まで、
利用した。
今回も出町柳駅からの乗車だが、下車駅はここ。

この駅はどこ?



正解は、雑色駅❗️
ではなく修学院駅だ。
そんなのゾウシキだ。。


今日はここから雲母(きらら)坂を登るルートで、比叡山を目指す。




石川県の山 金沢ふるさと愛山会 著

石川県の山
金沢ふるさと愛山会 著

石川県の山と言えば、白山。

白山には、二度登山したことがある。
某研究所の山岳部に在籍していたころだ。
山岳部と言っても、ハイキング程度だと思っていた。
実際、最初の山歩きは、吉野の千本桜を見に行く行事程度だった。
しかし、研究所の行事としての登山の下見ということで、
6月頃まだ、雪渓が残る白山へ登山した。
メンバーは、登山経験豊富な先輩方と新入り3人だった。

とにかく、その三人で研究所の旗を持って、山頂で記念撮影したものが今も残っている。

石川県の山は、懐かしい山と言う印象なので、この本を手にした。




本書の目次を広げるともちろん白山が最初に出てくる。
白山は、日本三霊山の一つであることでも重要な山だ。



石川県には他にもたくさん山がある。
でも医王山は、知っていたもののほかはほとんど知らない。

卯辰山は、山にははいらないか?
尾山神社の尾山は、地名だろう。

一つ興味深い山の名前が出てきた。
七尾城山だ。

喜早哲さんが、何かのエッセイで、七尾城と歌謡曲の「古城」について
書いていたことを思い出した。










具体的には、覚えてはいない。

ネットで調べる範囲では、
作詞家の高橋掬太郎は、七尾城をモデルにしていないと明言しているそうで、
一方地元の人は、古城の歌のイメージが七尾城にぴったりと合うので、
交渉して歌碑を立てることにしたようだ。



「荒城の月」は、土井晩翠が仙台の青葉城であることを明確にしている。

やっぱり話題作りは、必要だろうね。

白山山頂の写真には、エム田氏とH氏と当方が写っている。

この本を手にして、一年に二回、正確には、2,3か月に2回登山した白山を思い出した。



奈良市内に 写真家 土門拳の旧宅?

正倉院展を見終えた後、こんな事を聞いた。

奈良県庁の東側で、東大寺の近くの少し西側で奥まったあたりに
土門拳の居所、旧居がある。
なかなか風情のあるいいところで、そこまで散歩するの一考かと思う。
云々。

土門拳と言うとダイナミックなモノクロ写真の大家という印象が強い。



川端康成の写真や、仁王像の写真をすぐに連想する。
でも土門拳って奈良に住んでいたのだろうか?
何しろ、知らないことは、
素直な気持ちでみんなに学ぼう
と言う精神なので、疑うこともなかった。

他に奈良をベースにした文化人と言えば、写真家の入江泰吉、



万葉集の犬養孝を連想する。



吉城園を超えてどんどん進んでいくと、
入江泰吉のポスターが貼られている。

はたして、土門拳の旧居宅なんだろうか?

写真を見てね。



入江泰吉旧居と書かれた趣のあるたたずみの家が現れた。

あれ、土門拳さんの旧居では?

と言うと

前に来た時は、土門拳旧居だったと思ったが………。

多分、
カッパーフィールド 自由の女神消失の様に、
土門拳旧居が、入江泰吉旧居に瞬間移動したのだろう。
多分、多分。

いえいえ、入江泰吉旧居に実際に入場料を支払い、中に入ったにもかかわらず
記憶が入江泰吉から土門拳に瞬間移動したのだろう。

どちらも、著名な写真家で、大和路を巡礼して写真を撮ったという共通点がある。

今回は、ニヤリー・イコールと言うことで、にやりと笑ってみよう。(笑)



正倉院展

今日の日曜美術館は、奈良博の正倉院展だった。
ゲストは、奈良国立博物館 館長 松本伸之さん と 漫画家 おかざき真理さん。
どちらも存じ上げなかった。

一週早く放送してくれれば、予習することができたのに残念。

久しぶりに
奈良博こと奈良国立博物館に正倉院展を
鑑賞するために入館した。

ずいぶん昔、法隆寺展に行って以来だ。

入場料も千円ちょっとだ。
読捨新聞の購読者なら招待券が貰えるそうだ。

反日新聞は、日本文化を展示する様な展示会は社是からして、主催はもちろんのこと、後援も協賛もしないだろう。

日本経済新聞は、そんなサービスはない。

そんなことは、どうでもよく第70回の正倉院展に出かけた。

平日、入場するのに15分前後はかかった。
人気展なのだろう。
一般の絵画の美術展ならあまり見かけないけど、
この正倉院展に顕著だったのは、単眼鏡を持っている人が多いことだ。

玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)は、確かに正倉院展の目玉でもあり、
見ごたえあった。
360度ぐるっと回ってみることが出来た。
残念ながら、この分野の知識はあまりあるとは言えない。
とにかく展示リストを手に、チェックしながら全展示品を観ることはできた。

古文書は、こんな風なものか程度で具体的に何が書かれているかまでは、
確認していない。

第70回正倉院展入場券












松甲山荘 リーフレット

関係者からの資料。

今年は、松下電器創業100周年だそうだ。

昔あった松下電器健康保険組合の施設のリーフレットだ。
松甲山荘とある。
六甲山にあった保養施設のようだ。
今はどうなっているのだろう?


shoukousansou 1
(写真をクリックすると拡大する。)

shoukousansou 2
(写真をクリックすると拡大する。)

※ 松下電器遺産シリーズ / 松下電器文化遺産シリーズ











テスラに足を引っ張られてか、株価は低迷したままだ。
本来なら2000円前後になっていてもおかしくない。
株の配当も期待できそうにもない。
11月2日現在、1,181円だ。
決めセリフは、お決まりのこれだ。

松下幸之助創業者が、草葉の陰で泣いているぞ!

今日は11月3日文化の日、お約束の入間基地航空祭の日

今日は11月3日文化の日、お約束の入間基地航空祭の日だ。

今日は特異日で、晴天の日、入間基地はこの日が航空祭だ。
入間基地は、順光で良い写真が撮れる。
望遠レンズの砲列が、航空機を追う。

残念ながら京阪神に戻ってからは、ご無沙汰している。
今日は、工房にこもって大掃除の日とした。

BGMは、CDの虫干しもかねて イージーリスニングとした。

第1弾は、ベルト・ケンプフェルトだ。
ドイツのムードオーケストラだ。
ダンケシェーンなど他では聞けないと思う。
マルタ島の砂は、こちらがオリジナル。

まだ現役版だ。



第2弾は、フランク・チャックスフィールドを選ぶ。

イギリスのムード・オーケストラだ。
とにかく、ひき潮、魅惑のワルツなどが聴ければ幸せだ。

ポリドールからユニバサールに代わって再発されたものがこちら。
こちらの方が、amazonの商品説明が詳しい。


手持ちは、こちらでポリドール DERAMレーベル、
こちらが、ザ・BEST2000シリーズで、上の物は、先行盤。
中身も当然同じで、同様に廃盤になっている。


こちらも中身は同じで、廃盤になっている。

現役版ならこれだろうか。



第3弾は、マランド楽団。
マランドは、オランダ生まれのコンチネンタル・タンゴの第一人者の一人。
1980年に他界しており、再編成された演奏もあるようだが、未調査。
his orchestra とクレジットされているかのみが、拠り所。

手持ちのCDは、これ。

malando.jpg


Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】