FC2ブログ

絵本+112  ボルカ はねなしガチョウの冒険

ボルカ はねなしダチョウ

ジョン バーニンガム (著), John Burningham (原著), 木島 始 (翻訳)



John Burningham (原著),

英語版




絵本その43   おじいちゃん
でジョン・カーニンガムの作品を読んでいる。

入手可能なM.B.ゴフスタインの作品はとりあえず読んでみた。

その次に読んでみようと思ったのが、ジョン・バーニンガム。



本書でも、ジョン・カーニンガムの作品が紹介されている。

しばらくは、この人の作品に触れてみよう。

佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 展

クリムト展に続いて今日は、京博。
京樽でなく京博。
東博とか京博とかって、通ぶって聞こえる。
ぶらぶら美術・博物館での用語かな。
通ぶって聞こえれば、通さん工房^_^本望なり。

佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 展

行ってきましたよ。



つーさん工房の関係者に、当日設定でいきなり連れてこられた。

どうも反日?放送局、日本破壊協会で、紹介番組があったのだそうな。
轢死ヒステリア?



BS 8Kで放送されても見れる人はどの程度いるのか?
ケーブルテレビとか光テレビでも、フォローしているのはまだ少ないですね。

文科大臣が言うように、
身の丈に合わせろ
と言うことなんだろう。

やっとBS日テレが、4k放送を始めて、
ラグビーを4K画質で楽しんだ向きは
そこそこ居たみたいだ。

日本破断階層化推進協会?

閑話休題。

会場では、一枚一枚に切断された歌仙絵図を展示していたけど、ガラスでさえぎってさらに1メートルは奥にあるので、少し見づらかった。 

絵画の場合は、もっと近いのにね。


絵本+111  おじいちゃんがのこしたものは...

マイケル・モーパーゴ 文

おじいちゃんが
のこしたものは...

ジム・フィールド 絵/佐藤見果夢 訳



これも、おじいちゃんと孫娘のふれあいを基軸とするパターンの絵本だ。

ミアが子供の頃、おじいちゃんからもらった大事なクリスマスプレゼントの話。
大事なクリスマスプレゼントそれは、何なんだろう?
とワクワクさせるように話は展開する。

大人になって家族を持ったミアは、毎年クリスマスにそのプレゼントを出す。
プレゼントとは、手紙だ。

ミアの家族は、5,6歳くらいの男の子と3,4歳くらいの女の子とそのお父さんの4人だ。

その手紙の内容は、最初はミアとの思いだ場なしが主体だ。
ところが、ばーんと話が飛躍する。
おじいさんは、哲学者、環境問題の研究者、校長先生、オピニオンリーダーと大変身する。
当時、3、4歳くらいだったミアには、少し飛躍して難しすぎるかもしれない。
ミアは、ふたりの子供のおかあさんでアラサー以上だろう。
多分、手紙は、4半世紀前に書かれたものだろう。
だから、手紙が書かれたころは、COP3(1997年12月に京都開催の気候変動
枠組条約第3回締約国会議)より前だろう。

だからこの絵本は時間軸が多少なり操作されている。
もっとも、ミアが、この手紙を読んでるのは近未来かもしれない。

作者は、おじいさんの手紙を用いて、おじいちゃんのねがい、つまりは、作者の願いを
読者にぶつけている。

こういう手法もありだろう。

絵は、きれいだし、変なイデオロギーも感じられない。

氷山の上を飛ぶ5機の旅客機を描いた見開きの絵は、ブルーインパルスのスタークロスの様にも見える。

star cross
(写真をクリックすると拡大する。)

すごいね。
ミアのおじいちゃんは、こんなにも地球のことを考えていたんだ。
と絵本を読み聞かせるのもいいと思う。

とにかく、すごいエキセントリックな形相で、持論を展開するよりも、

マイケル・モーパーゴの様に訴えかける方法を採る方が
より共感を覚える。




北陸新幹線の危機管理

このブログ事前設定カテゴリに健康・安全・衛生というのがある。

台風19号の驚異的な降雨量は、いたるところで大きな被害をもたらした。

台風のニュースを見ていると、E7系(W7系も含まれているか不明)の7編成か8編成が、
水没しているのが、放送されていた。
正確には、E7系 8編成 96両 と W系2編成 24両 で
合計 10編成120両。

電装品は、丸ごと水没しているので、廃棄して交換になるのだろう。
車両内のシートも泥水に冠水していれば、乾かして使いまわしというわけにもいか
ないだろう。

鉄道事故の際、よくテレビ出演する工学院大学の高木亮教授(左記タイトルをクリックするとリンク先を展開)
※ DB(ドイッチェ バーン)のICE3の写真が出てくる。
は 「最悪、廃車になる」と言う。

放送画面をキャプチャー

報道映像をみると、先端の部分やヘッドライト等が、冠水している。
蒸留水に冠水したのではなく、泥水で冠水しているので、伝送機器や座席類も
オーバーホールしても、時間がかかって信頼性にも欠けるので、再利用は無理だろう。


その映像を見ていると、真横には北陸新幹線の高架がある。
どうせ、計画運休が決まっているのであれば、大事をとって、
新幹線車両を高架の本線に配置できなかったのだろうか?

多分、北陸新幹線の危機管理のマニュアルにそんなことは記載されていないのだろう。

そんなもの、結果論で言われても、対応のしようがなかった
と反論されそうだ。

でも、ほんの少しの工夫で、新幹線車両は助かったのかもしれない。

一方で、強風が吹くのであるから、新幹線車両を高架に揚げておけば、強風で吹っ飛ばされる
蓋然性も高い。
とも言われそうだ。

じゃ、リスク分散すればいいではないか。

とも言えそうだ。

なかなか、難しい判断かもしれない。
でも、映像を見る限りは、高架の上に揚げておけばと思ってしまう。

再発防止策は、どう結論付けられるのだろう。



10月9日

今日は、10月9日だ。

音楽をかけていると、音楽を流していると

歌詞に、10月9日と出てきた。

今日じゃん!

なんでまたタイミングよく10月9日なのか?

何でも、
ジャコビニ流星群の日
なのだそう。

実は、松任谷由実 の曲をかけていた。

♪ ジャコビニ彗星の日 と言う曲だ。

72年10月9日

と言う年月日が出てくる。

この年は、日本でのジャコビニ流星群の観測条件が良かったにもかかわらず、

72年と言うと 28+19 で 47年前。

ユーミンが、1972年荒井由実としてシングル「返事はいらない」でデビューして、
2019年で、47年目になる。

昨年2018年に春に、45周年記念3枚組のアルバムが発売されている。



このベストアルバムの一枚目の2曲目にも、ジャコビニ彗星の日 が収録されている。

このベストアルバムもいけど、こちらの方がヒット曲が網羅されていると思う。



やさしさに包まれたなら
から
小野リサとのコラボレーションになっている
あの日にかえりたい
ベストアルバムとすれば、こちらの方がクオリティが高いと思う人は多いだろう。

その前に、こちらが出ている。


竹中まりやも2回に分けて、通常版では、3枚組の記念アルバムを出している。


4枚目がカラオケ。






※ 通常版にボックスケース、まりやちゃんスペシャルブックはない。
   2枚目の写真は削除すべき。
  通常版しか買えなった。もっと早く買えばよかったよ。

おすすめは、竹内まりや の方かな。

絵本+110  私のノアの箱舟

私のノアの箱舟 (1980年) - – 古書, 1980/6

M.B.ゴフスタイン (イラスト), 落合 恵子 (翻訳)

IMG_20191008_0001_01.jpg

絶版になっているようだ。

谷川俊太郎版よりは、原作に忠実に訳されているように思える。

とは言え、元々は短い言葉を訳しているので、それほど大きく異なるわけではない。

絵本+104  おばあちゃんのはこぶね

My Noah's Ark が原題だが、

谷川俊太郎訳では、おばあちゃんのはこぶね
レモンちゃん訳では、私のノアの箱舟

オリジナルの意味に近い方が、いいような気がする。
しかし、二次著作者とすれば、自分を出したいというのも分かる。

そのままでいいなら、グーグルに翻訳させればいいのだ。

そうそう実直な翻訳は、AIにとって代わられるかもしれない。

本作は、絶版だけど、他の作品群と一緒にここに採録されている。

しかし、残念なことに右開きの本なので、オリジナルの左開きの本とはニュアンスが違うのが残念。



しかし、北村薫 編 謎のギャラリー 特別室 Ⅱ これも絶版かもしれない。

絵本+109  ふたりの雪だるま

Our Snowman
ふたりの雪だるま

M.B.ゴフスタイン 作・絵
谷川俊太郎 訳



線画のようなゴフスタインの絵本ではない。
カラフル。カラフル。
と言うほどではない。

ユトリロの絵をアウトフォーカスしたようなタッチの絵。
パステル画だそうだ;

ゴフスタインが、1985年にニューヨークの美術学校で絵本のデザインを
教えるようになって学生と一緒に色んな試みをした。
そのなかから生まれた作品だ。

原題は、私たちの雪だるま。
邦題は、ふたりの雪だるま。

私が弟と二人で作ったから、ふたりの雪だるま。
雪だるまが一人じゃ寂しい。
それで、私がお父さんと二人で作った雪だるま。

だから、私たちの雪だるま。

しかし、谷川俊太郎は、雪だるまがふたりになったから
ふたりの雪だるま。

ふたりの意味が違ってきた。

さすが、谷川俊太郎。

絵本+108  ブルッキーのひつじ

BROOKIE AND HER LAMB
ブルッキーのひつじ

M.B.ゴフスタイン 作・絵
谷川俊太郎 訳



ひつじは めえめえめ くだけ。

それ以上のものは期待できない。

でも、ひつじはうらぎりはしない。

色々調べてみると、谷川俊太郎の絵本の訳そのままが歌になっている。

池田市民文化会館アゼリアホールでの池田ジュニア合唱団がヒットした。



だれが作曲したのだろう。

林光さんでした。

納得。

関西 ものづくり ワールド 2019

関西 ものづくり ワールド 2019

久し振りにインテックス大阪を訪問。



変わってないね。
後ろのかまぼこ型の建物がインテックス大阪の象徴のようなものだから
これが変わると名称も変更することになるだろう。



Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】