FC2ブログ

絵本+138  クリスマスのおくりもの

クリスマスのおくりもの

ジョン・バーニンガム さく
長田弘 やく




ジョン・バーニンガムの絵本にしたら文章が長い。

得意の?繰り返しが多い。


クリスマスのおくりもの 

ここでいうおくりもの  て何かな。

サンタクロースと言えば、フィンランドだけど、ここはどこだろう?

ロリー・ポリー山 ってどこだろう。
Mt..Roly Poly
ハービー・スラムヘンバーガー
ってどこの名前だろう?



表紙の間違いさがし

(1)
帰り道の絵なのにプレゼントを持っている。

実際本文の帰り道の絵では、プレゼントは持っていない。

(2)
馬の首にクリスマスリースが掛けられている。

これも本文の帰り道の絵には、描かれていない。

(3)
サンタクロースのズボンが、赤ではない。

これは、一度パジャマに着替えてベッドに入ったからだろう。
多分パジャマの上に赤い服を羽織っているのだろう。

とまあ、この本自体が、ジョン・バーニンガムのクリスマスのおくりものなんだ。

本当に惜しい人を亡くしたものだ。

──────────

ジョン・バーニンガムの絵本にしたら文章が長い。

得意の?繰り返しが多い。

クリスマスのおくりもの 

ここでいうおくりもの  て何かな。

サンタクロースと言えば、フィンランドだけど、ここはどこだろう?

ロリー・ポリー山 ってどこだろう。
Mt..Roly Poly
ハービー・スラムヘンバーガー
ってどこの名前だろう?


表紙の間違いさがし

(1)
帰り道の絵なのにプレゼントを持っている。
実際本文の帰り道の絵では、プレゼントは持っていない。

(2)
馬の首にクリスマスリースが掛けられている。

これも本文の帰り道の絵には、描かれていない。

(3)
サンタクロースのズボンが、赤ではない。

これは、一度パジャマに着替えてベッドに入ったからだろう。
多分パジャマの上に赤い服を羽織っているのだろう。

とまあ、この本自体が、ジョン・バーニンガムのクリスマスのおくりものなんだ。

本当に惜しい人を亡くしたものだ。

iPhone Fan iPhone“便利&快適"活用術 iOS13対応 (マイナビムック iPhone Fan)




この本で、booklogのアプリを知った。
ちょっと興味が湧いたのでこのアプリをインストールしてみた。
何かプラスになって、それを新たに実行することが出来たなら
それはそれで、十分元が取れたと考えるべきだろう。
しばらくは試し試しにbooklogを使ってみることにした。
きっかけは本書。
「生活パターンの改善」に役立っている。

JALやANAへの登場の際、QRコードをwalletに入れて利用するのは、既に実践済み。
色々と参考になるところもあるけど、既に使ってるよ。
というのもある。
新製品が出るたびに買い替えて行ってるわけでもないので、参考程度に
利用した。

OS等に関する本は、バージョンが変わるたびに陳腐化する。
その意味では本書はいまが旬である。

絵本+137  くものこどもたち

くものこどもたち

ジョン・バーニンガム さく
たにかわ しゅんたろう やく



表紙を見て、すごくリアルな雲だなと思った。

見開きのページ。
おおよその右上がりの対角線で、左上側に雲、右下側に山が書かれている。
右ページの上の方に、アルパート、とうさん そして かあさんの順に三人が下山している絵が描かれている。

その前のページでは、三人の絵が描かれている。
とうさんは、ジョンズ・バッグを背負っている。
かあさんは、右手にタオルのようなものを持っているが、
ジョンズ・バッグだ。
とうさんとかあさんは、ハイカットの登山靴を履いている。
ウィンド・ブレーカーを着ている。





一方、アルバートは、半そでの様に見える山シャツ?
サスペンダーと半ズボン、それにローカットの登山靴。

とうさんは、山に慣れた歩きをしている。
かあさんは、ちょっとおぼつかない歩きだ。

アルバートは、高い山なのに手を広げて遊んでいるように見える。

歩きが安定しているとうさんなら、登山用ロープか何かでアルバートをつないでおくべきだろう。

山歩きの好きな歩こう会健脚組の当方としては、不安を覚える登山風景だ。
できれば、ストック、トレッキングポールを使ってほしいシーンだ。

それに日も暮れかけてきた。
暗くならないうちに、急いで下山しなければいけない。
その様な趣旨のことをとうさんは言う。

見開きページの山は黒くて、樹木も生えていないようだ。

しかし、雲はきれいだ。
中々の描画力と思った。

でもこれは、コラージュの様だ。
横尾忠則もよく使う手法だが、こちらの絵本の方はかなりの部分をコラージュの雲が占めている。



で、予想通りというか、アルバートは滑落してしまう。

その次のページでは、とうさんとかあさんが、泣いているシーンが出てくる。

やっぱり、アルバートは、両親の手から離れてしまった。
小さい子供を高山に連れていくには、計画性がないし、装備も不十分だ。

次のページからは、くものこどもたちに助けられたアルバートの話が続く。

ジョン・バーニンガムのファンなら

旅するベッド(左記タイトルをクリックするとリンク先を展開)

を思い出そう。

つまり、実のところは、アルバートは、やはり滑落した。

しかし、ラッキーなことにどこかに引っ掛かって、一命をとりとめた。
そして気が付くまでに少し時間がかかった。
けれども、何とか無事に生還してくれた。

だって、アルバートが一人で自分の家に戻ってきたのだったら
着たきりの服でベッドにいるかもしれない。

ベッドの足元には、登山靴があって、右足のは倒れたままだ。
でもこの靴は、ハイカットで滑落した時にはいていたものとは違う。

これは、何を意味しているのだろう?
ジョン・バーニンガムの謎かけかもしれない。

と子供だけではなく、大人も楽しませてくれるのだ。

四発のジェット機が空をとぶシーンが出てくる。
747-100 かなぁ?

くものこどもたち

ジョン・バーニンガム さく
たにかわ しゅんたろう やく

表紙を見て、すごくリアルな雲だなと思った。

見開きのページ。
おおよその右上がりの対角線で、左上側に雲、右下側に山が書かれている。
右ページの上の方に、アルパート、とうさん そして かあさんの順に三人が下山している絵が描かれている。

その前のページでは、三人の絵が描かれている。
とうさんは、ジョンズ・バッグを背負っている。
かあさんは、右手にタオルのようなものを持っているが、
ジョンズ・バッグだ。
とうさんとかあさんは、ハイカットの登山靴を履いている。
ウィンド・ブレーカーを着ている。


一方、アルバートは、半そでの様に見える山シャツ?
サスペンダーと半ズボン、それにローカットの登山靴。

とうさんは、山に慣れた歩きをしている。
かあさんは、ちょっとおぼつかない歩きだ。

アルバートは、高い山なのに手を広げて遊んでいるように見える。

歩きが安定しているとうさんなら、登山用ロープか何かでアルバートをつないでおくべきだろう。

山歩きの好きな歩こう会健脚組の当方としては、不安を覚える登山風景だ。
できれば、ストック、トレッキングポールを使ってほしいシーンだ。

それに日も暮れかけてきた。
暗くならないうちに、急いで下山しなければいけない。
その様な趣旨のことをとうさんは言う。

見開きページの山は黒くて、樹木も生えていないようだ。

しかし、雲はきれいだ。
中々の描画力と思った。

でもこれは、コラージュの様だ。
横尾忠則もよく使う手法だが、こちらの絵本の方はかなりの部分をコラージュの雲が占めている。

で、予想通りというか、アルバートは滑落してしまう。

その次のページでは、とうさんとかあさんが、泣いているシーンが出てくる。

やっぱり、アルバートは、両親の手から離れてしまった。
小さい子供を高山に連れていくには、計画性がないし、装備も不十分だ。

次のページからは、くものこどもたちに助けられたアルバートの話が続く。

ジョン・バーニンガムのファンなら

旅するベッド(左記タイトルをクリックするとリンク先を展開)

を思い出そう。

つまり、実のところは、アルバートは、やはり滑落した。

しかし、ラッキーなことにどこかに引っ掛かって、一命をとりとめた。
そして気が付くまでに少し時間がかかった。
けれども、何とか無事に生還してくれた。

だって、アルバートが一人で自分の家に戻ってきたのだったら
着たきりの服でベッドにいるかもしれない。

ベッドの足元には、登山靴があって、右足のは倒れたままだ。
でもこの靴は、ハイカットで滑落した時にはいていたものとは違う。

これは、何を意味しているのだろう?
ジョン・バーニンガムの謎かけかもしれない。

と子供だけではなく、大人も楽しませてくれるのだ。

四発のジェット機が空をとぶシーンが出てくる。
ボーイング747-100 かなぁ?

イツァーク・パールマン クライスラー/ヴァイオリン名曲集

手持ちのCDをAPPLEのロスレスのファイル形式にして、
Amazon で 購入したモバイルHDDに
落とし込む作業をしている。

これだ。

これをHEOSで聴く。

アルバム・アートワークは手仕事でする。

でこの様に取り込んだ。

ITZHAK PERLMAN

でAmazonで確認してみた。

中古品がアップされている。

あれ、おかしいぞ!
今頃気が付いた。

さて、どこがおかしいか?



イツァーク・パールマンは、右利きだ。
右利きのヴァイオリニストなら弦は、左手で扱う。
右手で持っているのが、不自然だ。
あご宛が、内側についている。

アジャスターがついているE線の位置がおかしい。



そう。
東芝EMI時代の
NEW ANGEL BEST 100
は、裏焼だ。

今頃気が付いた。


ひょっとして、ステレオのLとRも逆だったりして。
そんなことはないか。

ルサンチマン でなければ何? 難しい日本経済新聞のクロスワードパズル

2月16日の日曜日以降、少々、もやもや あるいは イライラ しているものがある。

原因は日本経済新聞の日曜日版のクロスワードパズルだ。

正確には、
Challenge
CROSSWORD
だ。

タテのカギ 1 ニーチェ哲学の根本概念。人の行動原理。

ルサンチマン?

と思ったけど



マスは、7つある。

違う!

で、何を調べても分からない。 
R&D のリサーチャーとしても失格ではないか!
分からん。

ヨコのカギ 1

河合継之助の西洋遊学の旅日記 
これは

塵壺 ちりつぼ

だ。

日本経済新聞からも書籍が刊行されている。



ということで、タテは、つで始まる言葉だ。

他の回答から

チ*ラヘノ*シ

となるはずだ。

ラ → ラクダ
落語ではなく新約聖書の問題。

ヘ → ヘラ

ノ → ノイチゴ

シ → シモンボリバル


ワイルドカードを使って検索!

でもうまくヒットしない。

これで、もやもや いらいら。

この日本経済新聞のクロスワードパズルは、難しい。

今風に言えば、ムズイ!

食事の時間が、大幅に遅れた。

何とも罪作りなクロスワードパズルだ。



続きを読む

絵本+136  旅するベッド

旅するベッド

ジョン・バーニンガム 作
長田 弘 訳




ジョージ―は、今のベッドが小さくなったので、おとうさんと新しいベッドを買い出かけた。
セカンド・ストリートか?
ハード・オフか?
はたまたリサイクルショップ良品買館?
おとうさんは、とにかく中古品も扱っているお店で、小さな古いベッドを購入した。
「このベッドがあれば、どこにでも旅ができます」
と書かれている。
これが決め手か、古いベッドを買って帰った。




そうそう、夢を見れば、どこにでも行ける。

中々よくできたコピーだ。

信じる者は救われる。

そのベッドで眠りについてからは、色んな所に旅に出ることが出来る。
もっともお祈りの魔法の文句を唱えなければならない。

ある時、ジョージ―が、泊まり掛けで出かけて帰ると・・・。

絵本+135  シルヴィー どうぶつえんにいく

シルヴィー どうぶつえんにいく

ジョン・バーニンガム さく
たにがわしゅんたろう やく



ジョン・バーニンガムらしい絵本。
アルドは、ウサギの様な友達だったけど、
不思議なドアは、それが形を変えて登場する。

色んな動物がそれぞれの個性で、シルヴィーと関わってくる。
そのやりとりが、ジョン・バーニンガムの絵本の醍醐味となる。
子供でなくとも、大人になってもほっこりいやされる絵本だ。

絵本?番外 みえるとか みえないとか (絵本 番外)

みえるとか みえないとか

ヨシタケシンスケ さく

伊藤亜紗 そうだん

─────

ヨシタケシンスケ本を期待したけど、
ちょっと違った。

そうだん 者の 意向に沿ったものを ヨシタケ目線で描いたもの。
原作は、着色されていないのだそうだ。





これは絵本ではなく、光文社新書のダイジェスト解説書。



見えない事は、面白い?

緑内障で見えない様になった方もおられる。
面白いはずがない。

駅のホームから落ちて亡くなった人も少なからずいる。

ヨシタケシンスケさん、利用されたのでは?

ヨシタケシンスケさんは、精一杯相談者に寄り添ったと思うけど、ヨシタケワールトではない。
乗せられたんじやないか。

大学で研究者として、生きていくには、
独自の研究テーマを持たなければならない。

まして文転研究者なら、奇抜?と思えるテーマもありか?!

外れやった。


ひとり上手

ひとり上手
岸本葉子 著




なんか中島みゆきの歌にあった様な気がする。


あった。

が、こちらは岸本葉子の版です。

以下ブクログに投稿した内容をペースト。


日本経済新聞、通称日経新聞の木曜日の夕刊に連載されているエッセイ「人生後半、はじめまして」で愛読者になり、現在に至っている。
本書、「ひとり上手」は、生涯独身者?としての彼女の生活を紹介している。
当然女性目線で書かれている。
しかし、三年間も単身赴任をしていた身としては、納得出来きることも多い。
星四つにしようと思った。
でも、いわゆる標準家庭より、単身世帯の方が多い事をことさら強調されてもなぁ。
で、星3つ。
彼女と同じ境遇の人なら星5つ、
の価値はあると思う。

絵本+134  いらっしゃい

いらっしゃい せなけいこ



かねてつの坊やの様な可愛い男の子が、
表紙に描かれている。

よって、浮きなを流した
某落語家の自叙伝でも、自伝でもない。
既に日経新聞で私の履歴書を執筆したことがあった。

脱線した。
閑話休題。

せなけいこ
思い出した。
しまった!
年末年始に開催されていた
某デパート、阪急百貨店梅田本店で開催されていた
せなけいこ展に行き損なった。
残念。

いらっしゃい  だったのに。

本書では、最初にやおやさんが出てくる。
次にさかなやさんが出てくる。
同じ男の子にバリエーションを
持たせているのかと思った。

3番目は、女の子だ。
おかしやさんだ。

あれ、魚の模様とズボン(アウターパンツ)とか
ワンピースの模様がいつしょだぞ。

そうだ、思い出した。
切り絵の絵本作家だったのは、
せなけいこだった。

せなけいこの代表作かな。



阪急電鉄の広報紙にも、この絵が、描かれていた。

会場まで、30分ほどで行けるのに、
かえすがえす残念。




Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】