FC2ブログ

ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし

ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし

絵本で世界を学ぼう
で、紹介された本。

でどこの国だったか?

そうメキシコの本だ。

メキシコとアメリカの国境を、4、5回往復している。

メキシコもネィティブの人から、ヒスパニックや白人っぽい人まで色んな人種の人たちがいる。

この絵では、ネィティブメキシカンが描かれている。

バラ咲くじゅうたんのあるところ

を読んだ後だったので、この様な絵本はホッとする。

メキシコを含む中南米の各国はカトリックが主の国だ。

リベリア半島でかってあったレコンキスタの流れを
中南米でも引き継いでいると思う。
中南米は、宗主国が、スペイン、ブラジルだけポルトガルである。

そんな背景を考えて、メキシコのクリスマスのお話を楽しみたい。

近代京都日本画史

近代京都日本画史

読み終わった
としたけど、この様な書籍は、通読するものか。
書架においておき、都度必要な時に引っ張り出すものでは?
と思っている。

日本画には疎いので、偉そうなことは言えない。
速水御舟 平塚美術館で観た 
や 横山大観 足立美術館で観た
は知っている。

本書にもでてくる上村松園は、知っている。
大阪市立美術館蔵の作品を観る機会があった。

伊藤若冲も知っている。

でも本書で紹介されている日本画家はあまり知らない。

128ページの舞妓林泉は、観たことある様な気がする。

無知の知だけど、全部はおぼえいれない。
こう言う画家たちが活躍していたのだ
と認識できただけでも成果あり。

バラ咲くじゅうたんのあるところ (そうえんしゃ・世界のえほん)

バラ咲くじゅうたんのあるところ (そうえんしゃ・世界のえほん)

ロシア軍のスホーイ Su-24 フェンサーが、絵本として描かれている。




絵本で世界を学ぼう
で、紹介された本。

でどこの国だったか?

アフガニスタンだ。

いつも戦争、紛争に巻き込まれている国という印象しかない。

ランボー3怒りのアフガンという映画は、1988年製作という。

今なお、内戦が続いている様だ。

本書も最初のページを開くと、ロシア製の爆撃機が、3機描かれている。

その下には、逃げまどう母親と少年とその妹マハの三人が描かれている。

因みにここに描かれている爆撃機は、スホーイS u-24フェンサーだ。
ロシア軍の可変翼の爆撃機だ。

バラ咲くじゅうたんのあるところ は、
それは少年の心の逃げ場のことなのだろう。

少年は、母と妹と3人で難民キャンプに住んでいる。
お父さんはいない。戦争中に畑を耕していて死んだと言う。
何とも気が滅入るお話だ。

マハも戦争ではないシーンで、大変な目に遭う。

アフガニスタンの作家が描いたのかと思ったが、パキスタン生まれで、3歳でカナダに移住した人、女性が、パキスタンの難民キャンプを取材した時のことを元に書いている。

絵は、アメリカ人が描いている。

訳者は、大阪教育大学大学院修了で公立中学で国語と図書館を担当しているという。

同大学院の修士の人が、ある海外旅行の添乗員をしていた。絵の上手な人だった。関係ないね。

作、画、訳の皆さん、安全な場所、少なくとも戦場ではない所で仕事ができる。

本書が日本で発売されたのは、2006年3月だ。
原本は、1998年。
今のことを書いている様にも思える。

トランプ大統領が、アフガニスタンから米軍を引くといった直後に、アルカイダが攻撃して米軍が爆撃するといった状況が今も続いている。

本書は、ポーランドの「コルチャック賞」を受賞したとある。
また作者のルクサナ・カーンは、本書の印税の全額をアフガニスタンの孤児に寄付しているとある。

とにかく、アフガニスタンの現状を訴える意味では、今なお、価値のある本だ。
でもしんどい。平和ボケとは言わないで欲しい。

吉田類のにっぽん百低山 鋸山

吉田類って某民放BSで、酒場放浪記をやってた人では?

お酒大好きの酔っ払いおじさんorほろ酔いおじさんではないのか?
お酒を美味しそうに呑む笑顔は、様になっている。
呑み鉄、六角精児おじさんといい勝負だ。

で最初の百低山は、鋸山だ。

当方も、
川崎駅からバスで東京アクアラインを通り木更津駅まで行き、そこから内房線で浜金谷まで行き、
そこから鋸山を目指した。
ロープウエイは、長い列。
ロープウエイ駅を右側から迂回し、登山口に出て鋸山に登った。
下山は登りとは反対側におり、金谷からフェリーで浦賀に渡った。
東京湾一周の旅だった。

鋸山を教えてくれたのは、エム田氏だった。
単身赴任先を尋ねてくれた愛妻と愛娘と3人で、
鋸山を訪ねたときの話をしてくれた。
当時はまだガラケイの時代で小さな画面に
まだ小学生位の娘さんが、日本大仏の前にちょこんと写っていた。

当方が鋸山に登ったのは、その写真を見てから数年後くらいだった。

鋸山は、低山で登るのにさほど技量は要らない。
しかし、石切場の様な不思議な景色は、興味深い。



次回は、大山だ。もちろん低山だから、鳥取県の富士山、伯耆富士の大山ダイセンではない。
丹沢山系のオオヤマだ。
ここも登ったことがあるぞ。



これまた楽しみだ。

落語の大山詣り もしくは、 大山参り も演者の多い作品だ。

みんなケガなく良かったという話だったような・・・。

おんぞうえく

オンゾウエク
って何?
御曹司の絵久 さん?

オンゾウエク ?


相棒 season 19 #4 より1シーン


例によって、少し戻して字幕を出してみる。

怨憎会苦

怨憎 怨念+憎悪=怨憎 かな?

既にいつも犯人役の男が出ている。
窪塚俊介 だいたい犯人役だ。
コイツが犯人だ。

他の番組ならそうだけど、
相棒だから一捻りあるだろう。

聞き慣れないオンゾウエク。
字幕なら初めから、
怨憎会苦とルビ付きで表示される。

仏教用語だという。

そうなんや。









あかがいちばん 新装改訂版 (海外秀作絵本)

あかがいちばん 新装改訂版 (海外秀作絵本)
著者 : キャシー・スティンスン

絵本で世界を学ぼう
で、紹介された本。



絵本で世界を学ぼう
で、紹介された本。
つーさんが読む通算8冊目の絵本だ。

でどこの国だったか?

あかがいちばん なら共産主義の国か?

と思ったけど、カナダで一番売れている絵本だという。

確かに奥付けに相当する箇所に英文で、
published in Canada
とあった。
ストーリーから冬に雪が降る国のお話であるには違いない。

それと徹底して赤色が好きな女の子のお話。
それはそれで、はっきりしていて潔く楽しい。



横浜・野毛の1か月

ゴーツートラベルで、遠征することになった。
その間録画する番組をEPGでチェックする。

野毛の文字を見つけた。

明け方の街 桜木町に分かれた彼女は
居るはずもない。
という趣旨の歌がある。

桜木町に居なければ、夕方からの街?
野毛に居るかも知れない。

黄金町、日の出町、福富町、伊勢崎町、
歌さんが居なくなった真金町には居ないかも知れないが。

で、Go To トラベル から帰ってきて、
録画された番組を見る。観るか。

中々、良い声のナレーションだ。

リリー・フランキーだね。

うまいね。

このブログで野毛を書くのは二度目か。

番組のエンドロール、横スクロールで
ナレーション リリー・フランキー
と出ると思ったら
野毛をさまよう男 リリー・フランキー
と出た。

当方とエムタ氏が野毛を彷徨ったのは、
どちらも単身赴任時代で、ずいぶんと時間が経った。


「横浜・鎌倉・湘南を歩く」 野毛・界隈

番組でも言ってた様に、横浜って誰でも受け入れてくれる街だから、野毛に懐かしさを感じてしまう。
今年横浜地行ったのは、横浜地下鉄のセンター北界隈。
横浜も好きな街の一つになっている。





Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】