FC2ブログ

やねの上にさいた花

やねの上にさいた花
著者 : インギビョルグ・シーグルザルドッティル
さえら書房


絵本で世界を学ぼう

紹介された本。
本書で27冊目だ。

表紙は、大村崑の様な風貌のおばあちゃんの絵が描かれている。

この絵だけでも楽しい絵本が期待できそうだ。

田舎に家畜や猫と一緒に住むおばあちゃんが、都会のマンションに引っ越してくるというお話。

このお話だけを読んでも、どこの国か分からない。

おばあさんの名前は、グンニョーナ、白人、マンションの南側の庭では、シートを引いてビキニ姿?で日向ぼっこをしている女性が小さく描かれている。

さてこの国はどこでしょう?

家は切妻、それも急斜面だ。そこに芝生がうわっている。
芝生の家、これが大ヒントなのだろう。

北欧4カ国といえば、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、それにデンマーク。
北欧5カ国と言えば、上記に加えて、アイスランド。

答えは、アイスランド。

日経おとなのOFF 2021年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2021年1月号増刊)

日経おとなのOFF 2021年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2021年1月号増刊)

昨年、2019年はクリムト展を中心に美術館に行くことができた。

しかし今年は、どうしょうもない年になり、中止になったり、延期や予約とかで行きづらくなった。

来年はワクチンが効果を発揮し出して、きちんとした展覧会が開催される事を切に祈るのみ。

そんな状況下でも本書が発売された事は、嬉しいことだ。

英国王室展に関する記事が出ていた。
ぶらぶら美術・博物館でも放送されていた。

やっぱり東京は美術館が多くて良いな。

来年は本書で紹介された美術展のいくつかに行ければと予定を組んでみよう。
 

低周波音のはなし (Dr.Noiseの『読む』音の本)

低周波音のはなし (Dr.Noiseの『読む』音の本)


日本騒音制御工学会って学会があるんだ。
知らんかった。

低周波のはなし  国道43号線は、トラックとかの騒音が酷く、騒音を取り込み逆位相の音を大きなトランペット型スピーカーで出すことで、相殺する試みを行なっている。

大分以前だが、その様な報道があった事を覚えている。

本書では、低周波を扱っている。

そう最近まで、近所で低周波騒音があり、悩まされた。

原因は、ノーリツの給湯器だった。
設置後、13年ほど経過しており、不完全燃焼を起こしていた。給湯器の中でガスがすぐに着火せずに、ガスが少し溜まってから、ボォァ〜っと火がつく。そこ際に、
ノーリツの給湯器の空気取り入れ口が、管楽器の歌口の様な作用をする。
ビンの口に息を吹きかけると、ボーッと音がするのと同じ原理だ。
大阪ガスになんとかしてと頼むと、
その家に殴り込みをかけるか、
行政に言えと言う。

紆余曲折があり、ノーリツの給湯器は、交換された。

すると当然だが、低周波は騒音はピタッと止んだ。

本書でも、エコキュートの給湯器の低周波苦情について
55ページでふれている。

風力発電のプロペラ、ブレードの騒音も結構問題になる事は、報道で知っていた。
本書でもスイシュ音として掲載されている。

100ペーに満たない本だが、抑える所は抑えている。

みんなおやすみ―アルメニアの子守歌より

みんなおやすみ―アルメニアの子守歌より


絵本で世界を学ぼう
で、
紹介された本。
本書で26冊目だ。

アルメニアの子守唄をベースにした本と
言う触れ込みだ。

翻訳家のミラ・ギンズバーグが、英語に訳詞、再話し、
ポール・ゼリンスキーが絵にした。

夕闇の中、近隣の家には灯りが灯り出した。
タンクトップ?を着たお母さんが、寝てしまった子供を抱え、肩からタコ(カイト)をぶら下げている。

色調は暗いのだが、眠っている子供の様に安心感がある絵だ。

中々味のある素敵な絵本だ。

寝る前にベッドで読もうと思ったけど、そのまま寝てしまった。
朝起きて横になりながら読んだ。

♪まだ半分眠りたい

そんな気分。

ところでアルメニアって何処?

ちょっこし break しんけ

ちょっこし

これで、金沢弁とわかる。

しんけ もそうだったかな。

ちょっこし break しんけ

これは、キットカットの個々に包装に書かれている。

なかなか楽しい企画だと思う。



あんさんも
break
しはったら

何々しはる

はる という表現。

名古屋の県立高校から京都大学の学生になった人が、

はる の文化が気に入った

という趣旨のことを言ってたのを思い出した。

でその名古屋のある愛知県は?

break
しよまい!

かえで

一昨年の台風の襲来で何度も倒れた🍁楓の木。
その時は鉢植えで、安定性は良くはなかった。
その年は、紅葉しなかった。
翌年、土植えにしたが、晩秋になっても紅葉とは言いがたい状況だった。

処分して新しいのに植え替えれば、
という意見もあったが


しかし、今年は土植えして根付いたのだろう見事に紅葉した。



「みなさん、こんにちは。ガースーです」

「みなさん、こんにちは。ガースーです」



どう返す?

大阪ガスなら

さすがっす。


尾根マツ、谷スギ、中ヒノキ

山歩きは、好きだが、植物名はそれほど詳しくはない。

よって、詳しい人が説明してくれた木々を写真に撮って、名前をメモっておく。

しかし、メモしにくいシチュエーションもある。

ある植物の葉を写していたのだが、名前が出てこない。失念している。

メモ書きを調べてみると、

尾根マツ、谷スギ、中ヒノキ

と書いていた。

三人のおばあちゃんの名前だろうか?

尾根マツさん。
谷スギさん。
中ヒノキさん。

そんな訳はないか。

この言葉は、屋久島のガイドの人から聞いたのだった。

屋久島にはブナがないの杉が良く育っている。

尾根には松が生え、谷には杉、そして、真ん中が桧なのだそうだ。

これは植栽地の土壌含水量に係る植物の適正地を示す言葉のようだ。

で、忘れていた植物の名前は、調べても分からなかったので、
グーグルレンズでもわからなかった。
もっとも、画面をグーグルレンズでチェックしたからかもしれない。

それで、教えてくれた人に再度メールで教えを乞うた。

ミツマタだと再度教えてくれた。
ベージュ色のきれいな花が咲くと添えられていた。










簡単に作れておいしい! 温野菜サラダ103

簡単に作れておいしい! 温野菜サラダ103

著者 : 岩﨑啓子
宝島社
発売日 : 2014-10-06

屋久島のグリーンホテル屋久島の朝ごはんに、
温野菜が出てきた。

固形燃料で野菜を蒸して、温野菜として食べるという仕掛けだった。

そこで温野菜をサラダの様にして食べる方法を自宅でも試してみたくなった。

そこで見つけてきたのが本書。

全部試すのは大変なので、まずは最初の方の電子レンジでチンタイプのサラダから試してみようと思う。

ツナ缶のツナを他の野菜と一緒にチンするのは、簡単で面白そうだ。
白菜かキャベツかレタスかブロッコリー、それに大根かにんじんなどの根野菜を、冷蔵庫と相談して、ツナと組み合わせて試してみよう。

後半のページのレシピは、その後かな。

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】