FC2ブログ

A bottle of mineral water.

英語の会話力がない。
何とかしなければ。

大体、ジョンがこれは、球根か、根っこかと聞いているのに、
その意味を理解するのに、しばし時間がかかった。
さらに、根っこは、ルート rootでいいのかな。
球根は、bulb、電球もbulb、light bulb。

ということがすぐに出てこない。
あるいは、インプットされていない。

手っ取り早いのは、映画、それも日常会話の多い作品。
こんな本を見つけ出した。



そこで、見つけたのが、ラスト・ターゲットというページ。
原題は、The American という。

娼婦のClaraが注文する。 

A bottle of mineral water.

一本。ミネラル・ウオーターを。

Sparkling?

炭酸入り?

Still

普通の。

ってな感じだ。

しかし、ヨーロッパに行くと、
ミネラルウオーターには、ガス入りとそうでないのがあります。
日本人には、ガスのない方がいいかと思います。

さらには、硬水か軟水かというのがある。

日本では、軟水が一般的。

さらには、日本では、タップウオーターが一般的。

その際には、浄水器をつける場合が多い。

このページには、Claraが娼婦であるということが、はっきり書かれているが、
そんなことは、すっかり忘れて、ラスト・ターゲットを観た。



ラスト・ターゲットと言う邦題より、オリジナルの
The American
と言う題名の方が納得できる。

amazonのレビューは、二分化されている。
人生をそこそこの年月生きた人は、
おおむね好評、そうでない人は酷評そんな感じだ。

戸田奈津子の本で紹介されていたこと。
ジョージ・クルーニーのファンであることが、
本作を観るきっかけとなった。

なかなか渋い映画でした。

冒頭のスウェーデンで、三人殺し
隠れたカステル・デル・モンテでも何人か殺し、
娼館で見つけたクララと一緒に過ごすことを画策、
そして結果は、
殺し屋がハッピーエンドではどうなのか?

スウェーデンのシーンで登場する女性のヒップラインは
すごくきれいでセクシーだし、
クララもすごくスタイルが良くセクシー、
エドワードは、持てるんだ。

殺し屋の女性もなかなかの美人だ。

アーノルド・シュワルツェネッガーの映画には
目の覚める様な美人は出てこない。。

英語の勉強で、観たけど、
イタリア語の勉強もできる。
イタリアの牧師も興味深い。
イタリアは、カトリックの国だ。

イタリアにいる異邦人、The American
楽しめる映画だ。

美味いイタリアワインを飲みながら楽しもう。



下記の映画も面白かった。

逢瀬を楽しんでいた女性の真実を知った時の喪失感の意外性が、興味深い。

関連記事

コメントの投稿

Secret

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
Amazon
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】