ホンダジェット2機の右エシュロン、チェイサーもホンダジェット

0 0
このブログのblog-entry-469で、NHKの朝のニュースでホンダジェットが紹介されたことを書いた。

NHK、朝のニュースで ホンダジェットを紹介

これは、最近NHKがよくやるニュースの中での番宣(番組宣伝)だと思った。

近い将来NHKスペシャルでホンダジェットの特集をやるだろうととEPGでNスぺを
チェックしていた。

2012年1月1日の日本経済新聞のラテ欄で、21時からNHKスペシャルが記載されており
番組内容では、ジェット機の文字がある。
多分この番組で、ホンダジェットの特集コーナーがあるに違いないとDIGAのEPGで録画設定した。

しかし、リアルタイムでも見てしまったのだ。

番組冒頭タイトルが出る前に、ホンダジェット2機が、右エシュロンで飛行しているシーンが飛び出した。
先頭が、赤のN420HM、続いて青のN420HAだ。やってくれますねNHKさん!と思ってしまった。

チェイサーもホンダジェットの別の機体N420HJだろう。
※ アメリカでの民間機は、Nナンバーと言い、Nから始まる番号となる。
白旗史朗さんなら機体の窓を開けて撮影するだろうけど、この場合は、窓越しに撮影しているのでややフィルターのかかった様な映像である。しかし、航空ファンを満足させるに十分な映像だ。

CADを用いた映像か単に部品の立体図形かわからないがISOMETRIC VIEWで隔壁?の
様な個所がDELLのDELLのディスプレイに映し出される。

藤野社長が、翼上面にジェットエンジンをアサインするアイデアをメモしたカレンダーの裏側、どうも表側はソアラ―(グライダー)の様な写真が写っている。

空気力学を担当する河村友一さんが、エンジンの配置に関してのインタビューに答えている。
その右肩越しにメモが見える。

渋谷 昇
本田技研、狭山工場
?????????
バンパー???????
払い??????????

本田宗一郎さんの?が
いよいよ?????が近いと
聞いて???????
うれしく思います。
社員の一人として
こころから??しています。
 The Power of Dreams
と書いてあるようだ。

なかなかクリエィテブでやりがいのある仕事の様だ。

旧航空宇宙技術研究所が、川崎C-1をベースに開発した飛鳥(あすか)やボーイングYC-14の様にジェットエンジンを翼の上から前方に突き出すように配置するコアンダ効果を考慮したエンジン配置を検討したのかどうか知りたいところである。
※ 私=つーさんは、飛鳥が川崎重工岐阜工場で組み立て途中であるところを見たことがある。
飛鳥もYC-14も試作機だけに終わっているので、対象外だったのかもしれない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


※ クリックよろしく。今日も元気が出ます。
関連記事
ページトップ