FC2ブログ

バラ咲くじゅうたんのあるところ (そうえんしゃ・世界のえほん) 著者 : ルクサナ・カーン 草炎社

バラ咲くじゅうたんのあるところ (そうえんしゃ・世界のえほん)
著者 : ルクサナ・カーン
草炎社


絵本で世界を学ぼう
で、紹介された本。
紹介された本としては、通算16冊目の絵本だ。
でどこの国だったか?

アフガニスタンだ。

いつも戦争、紛争に巻き込まれている国という印象しかない。

ランボー3怒りのアフガンという映画は、1988年製作という。

今なお、内戦が続いている様だ。

本書も最初のページを開くと、ロシア製の爆撃機が、3機描かれている。

その下には、逃げまどう母親と少年とその妹マハの三人が描かれている。

因みにここに描かれている爆撃機は、スホーイS u-24フェンサーだ。
ロシア軍の可変翼の爆撃機だ。

バラ咲くじゅうたんのあるところ は、
それは少年の心の逃げ場のことなのだろう。

少年は、母と妹と3人で難民キャンプに住んでいる。
お父さんはいない。戦争中に畑を耕していて死んだと言う。
何とも気が滅入るお話だ。

マハも戦争ではないシーンで、大変な目に遭う。

アフガニスタンの作家が描いたのかと思ったが、パキスタン生まれで、3歳でカナダに移住した人、女性が、パキスタンの難民キャンプを取材した時のことを元に書いている。

絵は、アメリカ人が描いている。

訳者は、大阪教育大学大学院修了で公立中学で国語と図書館を担当しているという。

同大学院の修士の人が、ある海外旅行の添乗員をしていた。絵の上手な人だった。関係ないね。

作、画、訳の皆さん、安全な場所、少なくとも戦場ではない所で仕事ができる。

本書が日本で発売されたのは、2006年3月だ。
原本は、1998年。
今のことを書いている様にも思える。

トランプ大統領が、アフガニスタンから米軍を引くといった直後に、アルカイダが攻撃して米軍が爆撃するといった状況が今も続いている。

本書は、ポーランドの「コルチャック賞」を受賞したとある。
また作者のルクサナ・カーンは、本書の印税の全額をアフガニスタンの孤児に寄付しているとある。

とにかく、アフガニスタンの現状を訴える意味では、今なお、価値のある本だ。
でもしんどい。平和ボケとは言わないで欲しい。







関連記事

コメントの投稿

Secret

Kindle

フリーエリア

Amazon

キーワード:
プロフィール

超歩き人 hyper walker

Author:超歩き人 hyper walker
コンスタントに発信中!
ブログ
つーさんの今日も元気
へようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RAIL EUROPE / AE
月別アーカイブ
楽天トラベル
楽天トラベル
フリーエリア
現在の閲覧者数:
おすすめ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム(本ブログ内)
amazon サーチ
Amazon
楽天
アサヒカメラ・日本カメラで紹介。
リンク先「週刊ダイヤモンド最新刊」
今日の食卓、まとめてお届け
楽天 ICHIBA
楽天市場
Kindleストア
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
楽天ブックス
ユーキャン通販ショップ
本・CD・DVD特集バナー ユーキャン通販ショップ
トレンドマイクロダイレクトストア
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】